京都サンガF.C.は12日、MF荻野広大(21)日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャー宮崎に期限付き移籍することを発表した。期間は2018年12月31日まで。同期間中、京都との全試合に出場できない。

京都の下部組織で育った荻野は、2015年に2種登録選手としてトップチームに登録されると、翌年に正式昇格。2016年に期限付き移籍でカマタマーレ讃岐に加わり、今シーズンから京都に復帰した。

再び京都を離れることになった荻野クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「このたびテゲバジャー宮崎へ期限付き移籍をすることになりました。京都の皆さんにまた応援してもらえるよう、精一杯頑ってきます。ありがとうございました