スペイン・セグンダB(3部)のジェイダ・エスポルティウは11日、レアル・マドリーカスティージャに所属するU-20オランダ代表FWミンク・ピーテルス(20)の獲得を発表した。2018-19シーズンレンタルとなる。

ピーテルスPSVアヤックスのユースで育ち、2014年11月16歳でマドリーが獲得。U-19、カスティージャでプレーし、VVVフェンロやアルメレ・シティなどオランダクラブへとレンタル移籍を経験していた。

ノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールらと同じ時期に、マドリーが各の若手選手を集めていた時代に入団した逸材。トップチームでの出場こそないものの、2016-17シーズンUEFAユースリーグで活躍しチームを準決勝進出に導いていた。

また、世代別のオランダ代表を経験し、2017年8月にはU-20オランダ代表デビューも果たしている。

サムネイル画像