5回に同点に追いつかれるも7回に3点を奪い、勝ち越し成功

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日、第1試合は二学舎大付(東東京)が広陵(広島)を5-2で下し、3回戦進出を決めた。

 二学舎大付は初回、1番・右田が右前打で出塁すると、送りバント内野安打で1死一、二塁。ここで4番・保センター二塁打を弾き返し、2点の先制に成功する。

 広陵は4回に2四死球安打で2死満塁の絶好機を作ると、1番・高田レフトタイムリーを放って1点。5回には先頭で打席に立った3番・福左翼ホームラン叩き込み、同点に追いついた。

 だが7回、二学舎大付は先頭の有馬右翼安打、続く山田が三塁へバントするがフィルダースチョイスで生き残り、の送りバントで1死二、三塁の勝ち越し機を作る。ここで右田が一二塁間を破るヒットをらいと前に運んで2点を挙げると、なおも2死一、二塁から保左翼タイムリーを運び、この回3点の勝ち越しに成功した。

 4回途中からマウンドに上がった「背番号1」のが抑えて勝利。二学舎が前年に続き2回戦突破を決めた。(Full-Count編集部)

二松学舎大付が広陵を撃破