8月11日放送のドラマヒモメン」(テレビ朝日系)の第3話で、窪田正孝演じるヒモ男・碑文(ひもんや・しょう)が人・春日ゆり子(川口春奈)を2度バックハグファンから「ヒモもクズも帳消し!」といったもん絶のが上がっている。

【写真を見る】ファンをとろけさせた翔の“必殺”バックハグ!

ちゃんの甘~いハグファンメロメロ

ヒモメン」は、“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全を尽くすヒモ男“ちゃん”ことと、彼を更生させたい人・ゆり子のおバカな同居生活を描く社会コメディー

第3話では、が自分の誕生日を忘れていることにゆり子はがく然とし、小遣いナシを宣告。は、部屋で見つけた3枚の食事券を持って、行きつけの居酒屋さんへ。そこで、“成功したら賞1万円”というカレー大食いにチャレンジするも、食べ過ぎで病院に運び込まれることに。病院で、ひょんなことから“人生最大の勘違い”をした挙句、国会議員森山子(西尾まり)の汚職事件を暴くことに…という展開だった。(以下、ネタバレが含まれます)

そんな第3話では、冒頭と終盤でが2度もゆり子をバックハグ!冒頭では、ゆり子の首元に腕をからめたが「ゆーり子っ。行ってらっしゃい」と甘くささやき500円、ちょーだい!」。エンディングでは、ゆり子の首に誕生日プレゼントネックレスをかけ「誕生日おめでとう」とほほ笑んだ。

どちらもすぐにクズっぷりが露呈し、甘い雰囲気はぶち壊されるものの、裏切られても裏切られても甘い言葉とハグちゃんを許してしまうゆり子の心SNSでは共感のが続々。「ちゃんのバックハグ最高!」「あんなバックハグされたらたまらないよね~」「癒やされた~」「ヒモもクズも帳消し!」「あたし元であの窪田くんの甘い聞きたいっ」などので盛り上がっている。

さらに第3話では、お食事券を勝手に使ってしまいゆり子の怒りを買ったが、偶然病院森山とその秘書長谷部(小沢珠)が汚職事件について話しているのを聞いてしまう。その後、ラストまで“お食事券”と誤解したまま“汚職事件”を解決に導いてしまう展開に。

聞き間違いで誤解したままストーリーが進む趣向に視聴者からは「アンジャッシュネタみたい」「アンジャッシュ味がすごい」と、芸人コンビアンジャッシュ勘違いコントを想起するも上がった。

■ 第4話はが池同棲!?

第4話は18日11:45から。「ちゃんと就職しなければ付き合えない」とゆり子に宣告され、を追い出されたは、ゆり子が務める病院医師・池(勝地涼)のマンションにちゃっかり転がり込む。

ゆり子のことが好きな池は、受かるはずもない大手電機メーカー面接セッティング。面接に撃沈して、ゆり子を永遠に別れさせようと論む。そんなこととは知らないは、面接先で中国人技術者と間違われ、開発プロジェクトメンバーの一員に。AIロボットの発表イベントまでの時間はわずか1日。プロジェクトの命運がに託される…!(ザテレビジョン

碑文谷翔役の窪田正孝