シーズン5で幕閉じることが決定した不倫サスペンスドラマ『アフェア 情事の行方』で、主人公ノア不倫関係に陥るアリソンを演じたルース・ウィルソンイギリス出身の彼女が、ファンタジー小説ドラマ化する英BBCの作品で、ジェームズマカヴォイ(『X-MENシリーズ)らと共演することがわかった。Varietyが報じている。

【関連記事】ゴールデン・グローブ賞作品賞と主演女優賞受賞の『The Affair』新タイプ二部構成の大人の恋愛ドラマ!

ルースが出演するのは、フィリップ・プルマンによるファンタジー小説三部作「ライラの冒険」のドラマ版。個々の人間に分身的な動物"ダイモン"が存在する世界が描かれる本作の主人公オックスフォード大学の寮に住むライラ彼女の周りで子どもが連れ去られる事件が相次ぎ、ライラの親友と叔父アスエル卿も失踪してしまう。そこで彼女行方不明者を探し出すために、失踪した人々が北極でゴブラーという組織の実験台になっているとにし、現地へ立つ...というあらすじになるそう。

ルースは冷酷な性格をしたライラ母親マリサを演じ、アスエル卿にジェームズライラ役には、映画LOGAN/ローガン』でウルヴァリンとも言える、ローラを演じたダフネ・キーンがキャスティングされている。そして、ライラ旅の途中で出会うカリスマ的な気球乗りリー・スコーズビーを演じるのは、リン=マヌエル・ミランダ。彼は、大ヒットロードウェイミュージカルHamilton』で演出&演を務め、一躍時の人となった俳優。また、ディズニー映画モアナと伝説』の題歌「How Far I'll Go」などを手掛けた作曲でもある。

全8話となるシリーズの第1&2話で監督を務めるのは、映画英国王のスピーチ』でアカデミー賞監督賞を受賞したトムフーパー。アンソロジードラマ『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』や『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描く舞台『Harry Potter and the Cursed Child』などで脚本を担ったジャック・ソーンが、ペンを執る。

ライラの冒険シリーズの第1巻「羅針盤」は、『ライラの冒険 羅針盤』のタイトル映画化され、ニコールキッドマン(『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』)、エヴァグリーン(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)が出演していた。(海外ドラマNAVI

Photo:『アフェア 情事の行方
(C)2015"The Affair" Showtime Networks Inc. All Rights reserved.