NHK連続テレビ小説『半分、い。』、13日から放送の第20週「始めたい!」では、鈴愛永野芽郁)と太郎賢一)がつくし食堂の新しい店の構想で盛り上がる。勝手にはしゃぐふたりの姿に泰子)の怒りが爆発。一方、鈴愛の計らいで、久しぶりにペンを握る。

【写真】『半分、青い。』第20週フォトギャラリー

 を飛び出したは、和子(原田知世)のところに転がり込む。和子はそんなをなだめつつ、あることをアドバイス。結果、つくし食堂2号店の開店が決まる。鈴愛は仙吉(中村俊)から五平餅の作り方を習うことになるが、予想に反し仙吉の導は厳しい。

 そんな中、佐藤健)に送られて帰ってきた鈴愛野(山崎莉里那)の手にあるものが握られていた。気になった鈴愛が部屋を覗くと、野は鈴愛の描いた漫画『一に咲け』を読んでいる。

 漫画家であったことを隠してきた鈴愛電話し、野に知られたくなかったと抗議するも、心を見透かされたようなひと言をかけられる。やがて鈴愛は、もいない居間で本当に久しぶりに、絵を描き始める…。

 先週放送の第19週「泣きたい!」では、次(間宮祥太朗)と離婚し、野を連れて岐阜に戻った鈴愛は、と再会。から・和子の心臓病気のことを聞かされ、そのために実家に戻ってきていると知りショックを受ける。鈴愛を見て「を支えたい」とりかけるが…。一方実家に戻って、つくし食堂を手伝って暮らせるとほのかな期待を寄せていた鈴愛だったが、食堂は手が足りていて仕事を見つけて働くようにとから促され困ってしまう。

 ある日、ユーコ清野菜名)とボクテ(志尊)が町にやってきて、も呼んで宴会が始まるが、そのうち、酔っ払ったボクテが、松虫鈴愛プロポーズしたときのことを家族の前で話し始める。ボクテはあのときの誤解を解くべきだと「鈴愛ちゃんはくんのことが好きなんだ」と言ってしまう。家族を前にその相やそれからのことをるはめになってしまった鈴愛は「この際はっきり言っておきたい」と、鈴愛の気持ちを受け入れられないことを告げようとするが、鈴愛は「支えたいといったのは友達として…」と返してしまう、という内容だった。

 連続テレビ小説『半分、い。』は総合テレビにて月曜土曜8時放送。

『半分、青い。』第20週「始めたい!」(C)NHK