医学部入試に注が集まっている。文部科学省の役人の息子に対する不正合格疑惑から、女子受験者に対する一減点などの「闇」が次々と明らかになっている。

 医者す場合、日本国内の医学部と名のつく大学入学し、なおかつ医師国家試験に合格する必要がある。海外医学部卒業し、国家試験を受験するルートもあるが、きわめて少数ケースである。そのため日本医者になるには、まずは医学部入学する必要があり、何年も浪人を重ねる人間もいる。

 そうした中で、開業医の息子として生まれながらも、医者にならずにタレントを歩む人間もいる。ある種のドロップアウト志向ともいえるが、がいるだろうか。

 「よく知られているところではモトですね。実家は産婦人科の開業医であり、名門として知られる高校に通いながら医学部していました。成績も上位クラスだったようです。しかし、高校グッチ裕三クラスメイトとなり、のエド山口らとともに音楽活動にのめりこんで行きます。そのため、複数の医学部受験しますが不合格となり、そのままミュージシャンとなりました。のエド山口医学部受験していますが合格できていません」(芸ライター)

 もしモト医者になっていたら、あのハゲ具合も貫となっていたかもしれない。さらに、女性人でも実家医者の人間がいる。

 「歌手中島みゆき父親は産婦人科の開業医でした。経済的に苦しい人からはお金を取らなかったため、地元では“ひげ先生”的な扱いだったようですね。そのため、生活は決して裕福ではなかったようです。中島医者にはなりませんでしたが、は外科医になっています。元フジテレビアナウンサー中野美奈子実家腸科や肛門科などの開業医です。彼女2010年結婚していますが、相手は整形外科医でした。夫は現在シンガポールで勤務医をしており、彼女も現地に住んでいます」(前出・同)

 何かと医学部をめぐる問題が取り沙汰されているだけに、現役医師タレントばかりではなく、今後はこうした関係者タレントにも注が集まって行きそうだ。

モト冬樹