映画インクレディブル・ファミリー』にはMr.インクレディブル、イラスティガール、フロゾンという3人のヒーローたちのめちゃくちゃかっこいいテーマソングが使われている。ブラッド・バー監督が取材に応じ、14年ぶりの続編でなぜ彼らのテーマソングを作ることにしたのかをった。

 前作に続きヒーロー活動が禁止された世界を描く本作では、ヒーローたちの大ファンである大手通信会社社長ウィントン・デヴァーが、Mr.インクレディブルやイラスティガールが再び表舞台に出られるよう手を差し伸べるところから始まる。バー監督ウィントンにただセリフで「あなたたちの大ファンなんです!」と言わせるのではなく、彼がいかにヒーローたちに夢中かを示せたら……と考えていた時にテーマソングアイデアを思い付いたのだという。

 「ただ言葉で言わせても面くない。だが、もしウィントンテーマソングを歌い始めて、ヒーローたちもそのテーマソングを知っていたら、彼らの間には時にが生まれるだろうし、シーンとしても楽しいものになるんじゃないかと思ったんだ。もしバスケットボールスター選手なら、シューズの契約があるものでしょ? 十分にスターなら自分自身のシューズを持てる。ヒーローの場合は、テーマソングを持てるんじゃないかとには思えた。細々と説明することなしに、映画で描いたもの以外にも、ヒーローとしての生活があることを少し見せる方法でもあったんだ」

 そこでバー監督はすぐさま音楽担当のマイケル・ジアッキノ(『カールじいさん飛ぶ』『ミッション:インポッシブルゴーストプロトコル』など)に電話して、「ヒーローテーマソングが三つ必要だ」と告げると、「オッケー! いつまでに必要なの?」とノリノリで作ってくれたそう。「彼はブロードウェイミュージカルハミルトン』の編曲をやったアレックス・ラッカモアをうまく話に乗せた。らは彼を今作にかかわらせることが出来たんだ(笑)。彼はジアッキノとすごく楽しむことになったよ」

ピクサー本社で取材に応じたプロデューサーニコール・パラディス・グリンドルとブラッド・バー監督 - (c) KaoriSuzuki

 ウィントンが口ずさむ曲を作るためだけにバー監督たちがすごいメンツで行ったこのレコーディングについて、プロデューサーニコール・パラディス・グリンドルは「プロデューサーの間では“ブーングル(多大な労、時間、お金を使う駄な仕事)”と呼んでいたの。だって、基本的には彼らは、楽しみのためだけにレコーディングをして、たくさんのお金を使うはずだったから」と打ち明ける。しかし出来上がった楽曲には皆がしてしまい、映画にも組み込まれたほか、宣伝にも使われることになり、結果オーライだったと笑った。作曲はジアッキノ編曲はラッカモアというタッグで生まれた三つのテーマソングクオリティーの高さはハンパなく、映画館大音量で聴けば大奮させられること間違いなしだ。(編集部・市川

映画インクレディブル・ファミリー』は開中

映画『インクレディブル・ファミリー』より - (C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved.