世界に誇る花火師の技術と音楽歌舞伎コラボレーションした新しいイベント東京花火大祭~EDOMODE~」が8月11日(土)、東京都港区お台場公園で開催された。

【写真を見る】鮮やかな花火をバックに市川海老蔵が舞う

江戸文化を一つのキーワードとして、日本トップクラス花火師が一堂に会したこの花火大祭。お台場い砂にはい時間から大勢の来場者が。

江戸文化と花火東京夜景が一度に楽しめる

打ち上げ前には火縄銃 50名による火縄銃演武が行われ、の号東京湾にき渡る。

その後、次第に日が落ち始め、幻想的な色が広がると、次第に暗闇の中にレインボーブリッジをはじめとする東京ベイエリア夜景が眼の前に広がり、会場は期待と奮に包まれる。

全に陽が落ちた19時10分、アクアティお台場に用意された市川海老蔵による歌舞伎舞台がスタート歌舞伎の展開に合わせて上がる花火は圧巻の一言だ。

その後は、音楽に合わせて次々に花火が打ち上がり、東京湾を七色で明るく照らし出した。打ち上げられた花火の総数は約1万2000発。数多く停泊する屋形船のとベイエリア夜景、それに花火が加わった色は郷のようだった。

フィナーレPerfume 25シングル未来」に合わせての花火。先進的な演出で知られるPerfumeにピッタリの様々な花火が曲の展開に合わせて東京湾の上に乱舞し、ピンクシャンパンゴールド花火フィナーレを迎えた。

大盛況のうちに幕を閉じた「東京花火大祭~EDOMODE~」。東京をはじめ、全ではまだまだ数多くの花火大会が予定されている。ぜひ脚を運んで、の“幻想世界”を体験してみてほしい。(東京ウォーカー(全版)・栗原

東京湾に大輪の花が開いた