MF本田圭佑メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)が、滞在中のカンボジア記者会見を実施。同の「実質的な」代表監督GMゼネラルマネージャー)就任を発表した。肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年。登録上の監督には30歳のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレスダルマス氏が就任する。

 本田は今メルボルン・ビクトリーに移籍しており、現役でのプレー継続したまま、実質的な監督としてカンボジア代表を揮する。カンボジアサッカー協会がアジアサッカー連盟など統括を担う関係各所に確認を取ったところ、このような形での揮はルール上問題がないと判断された。標には「カンボジアサッカーすべきスタイルを作り上げること」を掲げた。また、「カンボジアのPR活動もしていくつもり」と述べている。

 本田く、基本的にはメルボルン・ビクトリーでトレーニングを行い、週に数回カンボジア代表のスタッフテレビ会議の場を設けて情報交換するとのことだ。国際Aマッチデーには、同代表の「Head of delegation」としてベンチ入りする。9月10日マレーシア代表戦が、就任後初のゲームとなる予定だ。

 記者会見における本田コメントは以下の通り。

「みなさん。こんにちは。会長副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。先日、メルボルン・ビクトリーFC というチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。そんな中でカンボジアサッカー連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可か」と質問したところ、「本気で言っているならオファーをする」と言っていただき、この場に至りました。こういったかたちの契約世界どこをみてもはじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています」

「私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンプレーするので、すべての試合に関われない可性がありますが、可か限りでカンボジアサッカーに関わっていきたい。ミッションがふたつあります。ひとつは、カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアサッカースタイル確立すること。それがミッションのひとつです。これは日本でもすごく苦労していることです。すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。サッカーというのは今日明日では強くならないので、しっかり標を掲げ、そこにみんなが慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションのひとつとして掲げます」

「ふたつめは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジア素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジア素晴らしいところをいくつもにしてきました。文化、世界遺産農業、そういったところを世界アピールをしてくつもりでいます。さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。もう一度繰り返しますが、ひとつはサッカースタイル確立すること。ふたつめは、サッカー以外のカンボジアの魅世界アピールすることです」

カンボジア代表監督兼GMに就任した本田圭佑 [写真]=Getty Images