「おはなしのくに」スピンオフ企画として、8月13日()から3日間にわたって"定番の怖い話"を3本放送する。

【写真を見る】“お経”をプロジェクションマッピングで本郷奏多の体に投影!

日本怪談を伝統的な影絵の技術や、プロジェクション・マッピングなどの映像表現を加え、若手実俳優が“一人芝居”を披露する「コワイハナシノクニ」(朝10:00-10:10 NHK Eテレ)。

8月13日()の放送では、本郷奏多が「なし芳一」での見えない芳一、和尚、武者、老女などを演じ分ける。

なし芳一は、の不自由法師・芳一が、霊に取りつかれてしまい、何とか助けようと寺の和尚が、芳一の体中にお経を書くという昔話だ。

このお経を、プロジェクション・マッピングを用いて本郷の顔や体に描き、不気味世界観を演出する。

また、劇中に登場する影絵デザインや絵は、アニメ魔法少女まどか☆マギカ」(2011年MBSほか)の不気味幻想的な異間設計で知られる「劇団イヌカレー・泥」が担当する。

出演に当たり、本郷は「お経をよむことや、プロジェクション・マッピングを顔に投影されることに加えて一人芝居、全て初の経験でとても新鮮な気持ちで臨みました」とコメント

続けて「単純なお化けが出てくるような話ではないですが『不思議なモノ、変なモノを見た』と、見た方がそれぞれに何かを感じ取ってもらえたらいいなと思います」とアピールした。

ほか、14日(火)は山本美月、15日()は矢本がそれぞれ出演する。(ザテレビジョン

本郷奏多が一人芝居で送る「耳なし芳一」