仙台育英は4失策打線もつながらずに涙

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日、第2試合は浦和学院(南埼玉)が仙台育英(宮城)を9-0で下し、完封勝利を飾った。

 2013年の1回戦で闘を演じた両校の対戦。5年前は仙台育英が11-10で勝利したが、この日は浦和学院が導権を握った。初回に2死二、三塁から5番・佐野右翼二塁打を放ち、2点先制に成功。1回裏に浦和学院の先発渡辺は走者を三塁に進めるピンチを迎えたが、2者連続三振で切り抜けた。

 浦和学院は、3回にも先頭・中前が左翼二塁打を放つと、捕逸で死三塁の好機。ここで矢野右翼三塁打を運んで1点を追加。なおも1死三塁の場面で、暴投による振り逃げの間に三塁走者が生還し、4点を挙げた。

 さらに8回、先頭の蛭間が左中間へソロ弾を運ぶなど2点を追加。9回にも2死一、二塁から佐野右翼三塁打を放つなど3点を加え、9-0と突き放した。

 仙台育英は4失策を記録するなど、試合の流れを悪くしてしまった。打線は四死球などで走者を塁に置くもつながらず。浦和学院の渡辺永島、美又、河北の継投の前に4安打完封負けとなった。(Full-Count編集部)

浦和学院が4投手の継投で完封勝ち