史上最多13球団をわたり歩いた右腕に

 エンゼルス大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地アスレチックス戦で2試合連続安打を記録した。9回先頭で迎えた第4打席に、センターへ痛ヒットを飛ばしが、史上最多13球団をわたり歩いた右腕ジャクソンには3打数安打チームは0-7で完封負けを喫した。

 大谷は1回1死二塁の第1打席は、カウント2-2から5球の外低めスライダー空振三振。4回先頭の第2打席は初球の内カーブを三塁フライとした。7回先頭の第3打席はカウント3-1から5球カットボールで一ゴロに打ち取られた。

 だが、9回先頭で回ってきた第4打席。アスレチックス3番手右腕のパガンと対戦。初球93.9マイル(約151キロ)速球を強振すると、打球はセンターに飛ぶヒットとなった。チームはここから安打死球満塁の絶好機を作ったが得点できず。完封負けを喫した。(Full-Count編集部)

9回に中前安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】