2回の第1打席で左翼席へ先制の1号2ラン

オリックスロッテ(12日・京セラドーム

 DeNAからオリックスにトレード移籍した白崎浩之内野手が12日、本拠地で行われたロッテ戦で移籍後初本塁打を放った。

 両チーム得点で迎えた2回1死一塁。ロッテ種市が投じた123キロのスライダーを捉えた打球は左翼席へ飛び込む先制の1号2ランとなった。

 待望の初アーチを放った崎は「どうにかチャンスを広げることを考えていました。打った間は、抜けてくれと思って走っていたんですが、なんとか入ってくれてよかったです! 全プレーです!」とコメントした。(Full-Count編集部)

移籍後初ホームランを放ったオリックス・白崎【画像:(C)PLM】