清水戦で決勝弾を突き刺した大島少年のような笑顔写真ツイッター

 J1川崎フロンターレは11日のリーグ21節で清水エスパルスを2-1で破り、2連勝で3位(1試合未消化)をキープした。元日本代表MF中村憲剛は、自身のツイッターで勝利の立役者となった男が満面の笑みを浮かべるピースショットを開し、「君が点が取れるようになったら怖すぎる」と期待を寄せた。

 川崎は前半5分、DF屋紳太郎のパスミスから清水FWドウグラスの個人技でゴールを割られ、立ち上がりにビハインドを背負ってしまう。しかし、同32分に中村サイドチェンジを起点に、DFエウシーニョのクロスエースのFW小林が鮮やかなヘディンシュートを決めて試合は振り出しとなった。

 同点で迎えた後半19分、敵で細かくパスをつなぎながらペナルティアーク付近の小林に縦パスが入った間、日本代表MF大島僚太がペナルティエリア内に侵入。小林の落としを右足ダイレクトで合わせ、快な決勝弾をゴール右隅に突き刺した。

 敵地で2-1と勝利を飾った後、中村公式ツイッター更新。殊勲者の大島少年のような笑顔を浮かべてピースを決める“ほっこりショット”とともに、ハッシュタグ(以下#省略)で「リョータ」「やっと今季初ゴール」「君が点が取れるようになったら」「怖すぎる」「なのでもっと取ってね」と期待を込めてエールを送った。コメント欄は「いい笑顔~」「かわいい〜!」「リョータのこの笑顔&ピースサイン写真撮影できる剛さーーーん! 敏腕カメラマンですね(笑)」とファンから反を呼んでいた。

 25歳の大島は、ロシアワールドカップ日本代表メンバーに選ばれながら出場機会を得られない悔しさを味わったが、そのテクニックやパスセンス折り紙付き。大島が点を取ることでチームとして“より怖い存在”になれると、川崎一筋16年のバンディエラも期待を寄せていた。


Football ZONE web編集部)

中村憲剛(左)が大島僚太(右)のピースショットを公開している【写真:荒川祐史】