チリの東部に、ゆるい富士山のような形をした山があります。その名はエトナ山。ヨーロッパ最大級の火山で標高は3,323mです。よく噴火しますが、意外にも気軽に登れる山なんです。

火山界の重鎮、エトナ

エトナ山から煙がたなびく様は、リゾートタオルミーナからも見えます。遺跡との組み合わせが原始的なで絵になります。

成層火山の中で、世界トップクラスの活動量で知られるエトナ山。今も年に数回噴火している、現役バリバリです。その歴史は古く、2700年以上も噴火が記録され続けているそうです。これは世界最長記録になります。

エトナ山トレッキング

(c)Shio Narumi

スキーができるというエトナ山、場はトレッキングで楽しみます。

溶岩が固まったところなど、富士山伊豆大島の裏砂漠と似た雰囲気があります。


(c)Shio Narumi


(c)Shio Narumi


(c)Shio Narumi

筆者がトレッキングをしたのは7月。容赦ない日差しが、のりをとても長いものに感じさせます。それでも中までで来られるので、軽装です。


(c)Shio Narumi

エトナ山には250ほどの洞窟があります。中に入るとひんやりとして、まさにオアシス。上にぽっかりとが開き、が降り注ぐ洞窟。何かが起こりそうな秘的なところでした。


(c)Shio Narumi


(c)Shio Narumi

洞のようなところも。

(c)Shio Narumi

万年氷のある洞窟もあり、その氷がシャーベットの発祥と言われているそうですよ。

エトナ山に行くなら、噴火口のある標高2,920mのあたりまでは、タオルミーナやカターニアからツアーが出ています。地元のガイドがいれば、さらに上に行けるようです。

でも噴火口まではバスロープウェーで行けますが、地元の人と行動したいです。だって、こんなのに遭遇したら、恐ろしいですからね。





噴火がよくあることのせいか、そこまで恐ろしいと認識されていないようで、見に行く人が多いらしいです。それでも昨年は噴石で裂傷ややけどを負った人々がいます。

タオルミーナやカターニアからのバスツアー日本語検索しても色々ヒットします。日本語ガイドのツアーはなさそうですが、英語の日帰りのものは40ユーロ(約5179円/2018年7月30日現在)前後で楽しめます。ただ、現地では自由行動のようなツアーもあるので、ツアー内容をよく読みガイド付きのものを選ぶのが安心です。


参考
[イタリア政府観光局]
[TBS世界遺産]
[BBC]

[Photos by shutterstock.com]


シチリアの富士山!世界遺産「エトナ山」をトレッキング