30代は、大人女性とも捉えられてもおかしくない年代です。しかし、大人女性にもかわいらしさは大切。大人女性だからといって、かわいらしさがないと、男性ときめく気持ちを半減させてしまいます。

そこで今回は、30女性を若々しく魅的に見せるための言動をまとめました!

20代に対して年上ぶらない

30女性にとって20代女性は、若くてまだまだお子さまに見えてしまうことも多いもの。大人線であれこれ年上の女として意見したくなったり、小言を言いたくなったりすることもあるでしょう。

しかし、「これだから若い子は」という言動は、年齢を感じさせるとともに、心の狭さを感じさせてしまいます。

年上として、しっかりしたお姉さんになることは大切。でも男性は、年上だからと偉ぶらず、若い子にも同じ線を忘れない態度に、30女性ならではのかわいさを感じるのです。

■年齢にひがみや妬みを見せない

30女性のなかには、年齢を重ねることに嫌気を感じ、若さを取り戻したいと願う人もいることでしょう。そんな感情は、自分よりも若い女性に対してのひがみや、嫉妬となって表れてしまうことも……。

しかし女の嫉妬、ひがみというものは、男性にとってとても見苦しいものです。特に年齢に対する妬みは、自分はおばさんですと認めているようなものですから要注意。

30代=若くはない=魅がない」ということではありません。他人とべず、いまの自分に自信を持つことも、かわいさに繋がることでしょう。

■とっさのひとことが方言交じり

30代にもなれば自然と言葉遣いも変わり、落ち着いた大人女性としての話し方が身につくもの。年相応の振る舞いを身につけることも、魅ある女性として忘れてはいけないことでしょう。

とはいえ、男性璧な女性めているわけではありません。とっさに方言が出てしまったり、いつもと違う子どもっぽい口調を使ったりすることは「自分だけに見せてくれる隙」に感じ、かわいく見えるケースも多いからです。

ただし、あからさまなギャップを狙った言動は、引かれる恐れも。背伸びし過ぎず計算し過ぎず、自然な形でギャップを狙いましょう。

■緩急メリハリのあるリアクション

邪気なリアクションも、女性を可く見せる言動のひとつです。ただし、オーバーリアクションは、30代にもなると、ただうるさいだけの印になる場合も……。

落ち着いた品ある振る舞いと、邪気で明るいリアクションのメリハリをつけることがポイント男性はギャップに弱いですし、緩急メリハリがあるからこそ、邪気な言動が魅的に映ることでしょう。

■自分の「好き」を大事にする

年齢を言い訳にせず、自分の趣味や楽しみなど「好き」を大事にする姿勢にも、かわいさは表れます。

「もう大人だから○○なんて……」などと思っている人もいるでしょう。しかし、ありのままの自分の感情を大事にすることは悪いことではありません。

客観視を忘れず控えめにアピールするなど、相手を見て空気を読むことも大事ですが、これらに気を付けて「私はこれが好き!」と言える素直さも、かわいい30女性の要素といえるでしょう。

■おわりに

年齢が年齢だから……と、諦めている女性も多いことでしょう。しかし、かわいさに年齢は関係ありません。年齢を卑屈に思う必要は、どこにもないのです。

30代の女性だからこそ、若い女性にはない落ち着き。そして、そのなかにあるかわいさは大きな魅となります。そう思うと、いまの自分に少し自信が持てるはず。大人のかわいさで、男性たちをキュンとさせていきましょう!

やよ/ライター

カツ編集部)

shutterstock_789439048k (1)