ダブルヘッダーで連投を示唆、「上野413球」再びか…

 2大会ぶりの世界一へ、日本が実を示した。第16回世界女子ソフトボール選手権は12日、ZOZOマリンスタジアムで3位決定戦が行われ、日本カナダに3-0で勝利。敗者復活でアメリカとの決勝に駒を進め、優勝への望みをつないだ。

 先発を務めた上野由岐子(ビックカメラ高崎)は7回完封で6勝防御率は依然0.00で、今大会は失点のままだ。打線は、初回に山崎紀(トヨタ自動車)が右中間へ先制の適時三塁打。3回には2死から、山崎が苦手とするチェンジアップ投手カイラから左中間へランニング本塁打を放つなど2点を挙げた。

 アメリカとの決勝は同日午後7時から開始。木麗監督は「今日上野で勝負したい」とり、2008年北京五輪金メダルを獲得した「上野413球」同様、世界エースダブルヘッターで連投しそうだ。(細野功 / Yoshinori Hosono

カナダ戦で完封勝利を挙げた上野由岐子【写真:荒川祐史】