最近TVCMも見かける「TikTok」というSNSをご存じだろうか?

 TikTokは、中国のBytedance社が提供するスマートフォン向けのSNSで、読み方は「ティックトック」。Twitter文字メインInstagram写真メインSNSとするなら、TikTok動画メインSNSと言える。

 動画といってもYouTube投稿されているような十数分もあるような動画ではなく、15ととても短いのが特徴。また投稿される動画は、ただ日常を撮影したものだけではなく、音楽に合わせてリップシンク(口パク)したものが多い。お気に入りの音楽を使って、オリジナルミニPVを作ることもできるのだ。

◆1年足らずでTwitterInstagramに迫る人気

 日本でのリリース開始は昨年からと、ほかのSNSべると1年足らずと日が浅いにもかかわらず、昨年には日本App Store総合ランキング1位となり、今も新規ユーザーを獲得して成長を続けている。

 ユーザーは中高生の若者で、「女子中高生と動画サービスに関する調」(プリキャンティーンズラボ)によれば、中学生が使用するSNSとしてはTwitterInstagramに続く高い利用率となっている。
 TikTokが若者中心に流行っている理由ははっきりしないが、大きな要因のひとつとして、スマホを使いこなす若者との親和性が高かったことが考えられる。

 これまでは動画の修正・編集といえば、ある程度の機材環境スキルが必要だった。しかし今では、スマホひとつででも手軽にこなせてしまう。常にスマホを手にしている若者であればお手の物で、だからこそ動画メインTikTokが好まれたのかもしれない。

渡辺リサ狩野英孝人気TikTokerを紹介!

 このTikTokるうえで外せないのが、多くの支持を集める人気ユーザーだ。以下、圧倒的なファン数(フォロワー数)を誇る人気ユーザーを紹介する。

渡辺リサ(ID:_lisa1431_)
 ファン数は約70万人で、TikTok広告にもなっている。スタイリッシュな容姿から想像できない変顔で、親しみを感じているファンも多い。
ねお(ID:neoneo)
 ファン数は約72万人。今どきの若者らしいポップ可愛い系の動画が多い。
ゆなたこ(ID:yuna_1107)
 ファン数は約63万人。現在中学2年生で、すでに事務所に所属している。らしい動画視聴者を虜にしている。
 実はTikTokを利用している芸人もいる。

狩野英孝ID: kano9x)
 フォロワー数は約37万人。本人の動画はもちろん、サンドイッチマン千鳥といった人気お笑い芸人と絡んだ動画もたびたび投稿している。
GACKT(ID: IDGACKT)
 ファン数は約19万人。ふだんテレビで見せるクールキャラクターからは想像できない、日常の素顔を見ることができる。
木下優樹菜(ID: 2161060021)
 ファン数は約35万人。夫であるFUJIWARAフジモン(藤本敏史)と一緒に撮影した動画なようだ。
 このほかにも「ぺこ&りゅうちぇる」や「きゃりーぱみゅぱみゅ」の公式アカウントも存在。今後も有名芸人が、次々とTikTokを始める可性は十分ある。若い世代と交流するなら、TikTokは外せないだろう。

 とはいえ、いきなりTikTok をはじめてもよくわからないかもしれない。そんな人は、まずYouTubeTikTok検索してみるのが手っ取りいだろう。TwitterInstagramとはまた違った、新たなSNSの魅を発見できるかも。 <文/シャモ