稜は9回に同点、13回に勝ち越すも…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第8日、第3試合は済美(愛媛)がタイブレーク方式の延長13回の末、稜(石川)に13-11で劇的サヨナラ勝利を飾った。

 8回裏まで試合の導権を握ったのは稜だった。稜は初回、1死から2番・河井左翼へのヒットで出塁すると、続く1年・内山四球を選び、1死一、二塁。ここで4番・南保、5番・クリーンナップコンビが連続タイムリーで3点を先制した。なおも2死二塁から7番・田、8番・山瀬にも連続タイムリーが飛び出し、初回に打者一巡5点の猛攻を見せた。

 3回には先頭の南保が左翼への三塁打を放った後、続くの打席で済美の先発山口直が暴投し、1点を追加。5回には2死二塁から田が、相手遊撃の失策を誘う間に二塁走者が生還した。

 だが、7-1稜が6点をリードする8回裏にドラマは生まれた。済美が、稜の4番手・に襲い掛かった。先頭・政吉が死球、続く矢野投手強襲の内野安打で出塁し、死一、二塁とすると2番・中井雄が左前タイムリーを運び、まずは1点を返す。なおも1死一、二塁で4番・池内左前タイムリーを放つと、続く伊藤が中前打で1死満塁。ここで山口直が押し出し死球を呼び、3点差とした。

 ここで稜はに代わり寺西を投入。だが、勢いづいた済美打線は止まらない。2死満塁から武田が二塁へ内野安打の間に2者が生還。最後は2死一、三塁から、この回2度の打席に立った政吉が、左翼席へ逆転3ランをたたき込み、9-7と2点勝ち越しに成功した。

 済美が勝利前の9回表。今度は稜が意地を見せる。1死から内山、南保が右翼へ連続ヒットで一、二塁。続くセンタータイムリーを弾き返し、1点差に詰め寄る。さらに2死一、二塁から田が左翼へ放った浅めのフライを左翼手が取れず。稜は土壇場で同点に追いついた。

 試合は今大会4度の延長戦に突入。10回と11回は両軍ともに得点。済美は12回表に稜を3者退に抑えると、その裏、先頭の屋が中越え二塁打。続く池内四球で歩いた後、伊藤が送って、1死二、三塁の絶好機を迎える。ここで山口直が四球で1死満塁としたが、稜6人寺沢に2者連続三振られ、勝負は今回大会2度タイブレークに持ち込まれた。

 延長13回、稜は死一、二塁から東海林が一塁ゴロで1死二、三塁と走者を進めると、続く河井のボテボテの三ゴロで三塁走者が果敢に本塁をし、セーフをもぎとった。なおも1死一、三塁で今度は佐々井が見事スクイズを決め、稜は2点勝ち越しに成功する。

 だが、済美も諦めない。死一、二塁から政吉が三塁線へセーフティバントを決めて満塁。ここで矢野右翼ポールを直撃する満塁アーチ。大会史上2人の快挙でチームは劇的なサヨナラ勝利に導いた。(Full-Count編集部)

延長13回、済美が劇的な逆転満塁ホームランでサヨナラ勝ち