2018年クールドラマを対にした「週刊ザテレビジョン 第97ドラマアカデミー賞」、監督賞には「おっさんラブ」を手掛けた東東一郎監督山本大輔監督Yuki Saito監督が選出された。

【写真を見る】田中圭と林遣都が親密な関係を築き上げたことが「このドラマにとっての全て」と語るYuki監督

テンポ、笑わせ方、泣かせ方、すべてがハイレベル」「俳優の渾身の演技を余すところなく映像化した」と絶賛された3監督による座談会を開催。監督の立場で出演者それぞれの魅や裏話を聞いた。

■ 「たち3人に割り当てられた回が、それぞれの演出スタイルにハマった」(山本監督)

――山本さんは「おっさんラブ」を制作したアズバーズのディレクター東さんはメディアプルポに所属。YukiさんはSDPに所属ですね。それぞれ所属の違う皆さんがこの作品に携わった経緯を教えてください。

東:は単発版ドラマで演出を担当し、連続ドラマでも引き続き担当しました。

山本は連ドラから参加しました。東さんとは「民王」(2015年テレビ朝日系)の番外編(auビデオパス秘書原と6人の怪しい客」)で一緒にやったことがあるんです。そのあと「い十人の女」(2016年日本テレビ系)、「オトナ高校」(2017年テレビ朝日系)でも組みました。

Yukiがお2人と一緒にやらせてもらうのは初めてでしたね。第1話が東さんで、第2話が山本さん。第3話を演出するときにはもうチームができあがっていたので、新参者としてはすごく緊しました。

東:「おっさんラブチーム(理)Pをはじめ「オトナ高校」のスタッフが多いんですが、その島Pが新しくお願いしたのがYukiさん。連ドラになるに当たって新しいを吹かせてほしいと言って。

Yuki:そう言ってもらえたので「よーし」と闘志が湧きましたね。連ドラとして進化していないとダメだと思ったし、自分が入った意味も作りたかった。それにしても、3人とも演出としてタイプが違うのに、島Pはよくたちを起用しましたよね。

山本:それがさんのすごいところだなと。たちに割り当てられた回が、それぞれの演出スタイルにうまくハマったと思います。

■ 「さんは演技と人間で相手の魅を引き出せる、すごい役者さん」(監督)

――皆さんが現場で感じたキャストの魅を教えていただきたいのですが、今回、男優賞を獲得した田中さんは監督の立場から見てどんな役者さんでしたか?

東:さんのすごい所は、芝居をしてる時も、芝居をしていない時も、相手の役者さんに心を開かせ“本物の芝居”を引き出すところ。演技というものは、たち監督がいくら努してもどうにもならない領域…というのがあると思うのですが、さんはその域で、相手の演技を魅的に見せることができる。

Yuki:全てのアクションを拾ってくれる人ですね。だから、一番若かったマロ(栗林麻呂)役の金子大地くんを始め、さんに対して仕掛ける側も堂々と挑戦できる。それは共演者だけじゃなくスタッフもそうなんですけど。

東:第7話の教会シーンでは、鋼太郎さんが「田、行けー!」というときに涙ぐんでいて。さんの号泣芝居に、鋼太郎さんもつい動かされ自然と反応していた。あんな大ベテランでもさんに感化されて生まれ出るものがある…というのは、役者として圧倒的ですよね。

山本:そもそも田ってあんなに鈍感でダメなやつなのにみんなにされる、って不思議な存在じゃないですか。それをあれだけリアリティを持って演じられるのは、さんだけ。そこが揺るがなかったからこそ、他のキャストの芝居も引き立てられていったと思います。

東:相手の魅を引き出せるのはテクニカルな芝居の上手さゆえでもあるし、同時に人間でもある。そう考えると、本当に他にはいないタイプ役者さんですよね。

■ 「吉田太郎さんはほとんど人の域に達している!」(Yuki監督)

――助演男優賞を獲得した吉田太郎さんの怪演もりました。台本にないアドリブの芝居も多かったそうですが、監督さんたちはどうコミュニケーションを取っていましたか?

東:あんなに爆発のある芝居をする役者さんって他にいるのかな。ドライ(段取り)、(カメラ)テスト、本番という3段階で芝居が変わるから、予想がつかない。カメラマンには「とにかく(演技を)撮っておくように」とお願いしていました(笑)。本番直前、何かやるときはカメラマンにウィンクするんですよ。それでカメラマンだけは「何かやる気だな」って分かる(笑)

山本:特にひとりだけのカットでは、すごいバリエーションを見せてくれます。テストの1回と2回ですら違う演技をやるんですよ。ハイテンションと中ぐらいのテンションの両方をやってくれるとか、その上でどちらかを選ぶという感じ。顔の向きなど、こちらがお願いしたことは絶対に守りつつ、それ以外では予想をえてくるので、本物のプロだなと思いました。

東:想像の上をブーンえていくおもしろさ。舞台の人だから、の前にいる観客の反応を想像しながら演じているような感じを受けました。あと、これは部長役に限らないのですが、脚本の徳尾浩さんが宛て書きをしてくれていたから、吉田さんにとっても乗りやすいセリフやト書きになっていたんだと思います。

Yukiキャストの中で鋼太郎さんが一番ベテランなのに、よりも現場を楽しんでいる。それを見ているとこちらも楽しくなりました。でも鋼太郎さん、撮影時期このドラマと舞台を並行していらっしゃって、とても多忙で。は舞台も見に行きましたが、まさに人というか演じることを突き詰めた人だと思いました。

■ 「牧を演じる遣都の表情は二。生身の彼がすごく魅的なんです」(監督)

――牧役の遣都さんは助演男優賞部門の読者票で1位でしたが、惜しくも集計票で2位でした。田に告白し、男同士というを乗り越えて付き合うけれど、身を引いてしまう。そんな牧のせつない表情が印的でしたが、さんの演技はいかがでしたか。

東:遣都くんのことは、本当にすごいなと思っています。このドラマは“男性同士の恋愛ドラマ”というテーマだけに、「田を好き」という牧の感情だけは、をつかずに演じてほしい思いがありました。クランクイン前に「なるべくキャラを作らず、遣都本人でやってほしい。生身で反応してほしい」と話して。結果的にこのドラマ映像に映ったのは、牧でもあり遣都でもあったとは思います。

Yuki:そうですね。遣都くんは本当に、感情で芝居をする人ですね。もちろん演技の技量もあるんですけど、その上絶対芝居でをつかないので、田とうまくいかなかったり、田がちず(内田理央)を抱きしめているのを見たりすると、自然とせつない顔になる。本当に遣都自身が悲しいんだと思えました。

東:牧を演じている遣都の表情は二な感じがして、撮っていて心を打たれました。つまり、生身の彼が恐ろしく魅的だということなんですよ。

山本:遣都くんがいい表情をしているので、撮らないわけにいかないという気持ちにさせられて(笑)田をぼかしてでも牧にピントを合わせるという狙いカットまで作ったほど。ドラマの見え方としても、今の芝居なら“牧の切ない気持ち”を描いた方が視聴者くかも、と思わされるシーンも多かったです。

Yuki:瞳も大きいですし、何も言わなくてもってくれるんですよね。遣都くんのエピソードとして思い出深いのは、第6話を撮影しているとき。ちずが田に告白するシーンがかなりこだわって。そこは内田さんにとって大事な場面なので、時間を長くかけても、彼女の気持ちができるまで待ちたかった。そこで、スタンバイしていた遣都くんに「先に牧を撮っていいかな」って聞いたら、「おーし!」って。あのうれしそうな顔が忘れられませんね。きっと遣都くんも内田さんに納得のいく演技をして欲しくて、「今、にできるのは自分が演技して時間を稼ぐことだ」と思ったんじゃないかな。

■ 「さんと遣都くんはたぶんリアルにつきあってる(笑)」(Yuki監督)

――田中さんさんは実際に仲良しだそうですが…。監督たちから見てもそうでしたか?

東:本当にめっちゃ仲がいいんですよ。最初にポスター撮影をしたときは、2人とも照れ屋なので距離あるように見えたけれど、さんが「飲みにいこう」って誘って、撮影期間中もよく飲んでいたみたいで。それで2人の間にが芽生えたんだと思います(笑)

山本:「本当に付き合ってるんじゃないか」ってみんなが冷やかすぐらい、撮影の合間もずっと一緒でしたね。

Yuki:たぶん本当に付き合ってる(笑)さんのさん認の下、付き合ってるとは思います…というのは冗談としても、2人がそういう関係を築いてくれたことが、このドラマにとっては全てという気もします。そういう意味では、ドキュメンタリーを撮っているみたいでした。

東:たしかに、友情というか人間としてお互いを好きなことがすごくにじみ出ていて、あの2人の関係性でしか出ないものが撮れたように思います。

■ 「さんはクールイケメンかと思いきや、中身はぜんぜん違う!」(山本監督)

――田の上であり、牧の元人である武主任を演じた秀和さんについては、どんな役者さんだと思われましたか? 

東:さんはとにかくいい意味で“ヤバい役者(笑)。武ってセリフも妙にくさく作られてるし、言ってみれば際どい役じゃないですか。でも、さんが演じると、微調整して染んできたとき、彼しか出せない色が浮かんでくる。

山本:また鋼太郎さんとも違う “ヤバさ”がありますよね。一見、クールイケメンかと思いきや、中身はぜんぜん違う(笑)

東:第4話、「わんだほう」で牧の手を握る場面は、台本には「手を繋いでいる」と書いてあるだけ。が「とりあえずマロ説教しましょうか」と提案したら、さんが「分かった。それで手を握るわ」って(笑)。あんなことしながらアドリブ説教しているという…。天才肌ですよね。

Yukiさんはとにかく熱い。第3話、資料棚の前で「牧が辛いって言っているのか?」と田に聞いた後、去る田の背中を「おまえ~」と見つめるカットは、そのがもうチベットスナギツネそのもの(笑)。その時点では牧の元カレということは伏せていたし、次の第4話が「第三の男」なのに、もう色々と滲み出まくっていて(笑)。「“第三の男”登場ってバレバレじゃん!」ってことになり、泣く泣くカットしました。

山本:第5話の足ドンでは、事前にめっちゃ練習していましたね。

東:第7話で牧を壁ドンするときなんか勢い余ってを壊しちゃってますから。とにかく毎シーン、「この台本をそう読んできたの?」といい意味で驚かされて、楽しかった。野球に例えると、さん本人は160km/hのストレートを投げているつもりなんですけど、それがとんでもない方向に曲がる魔球みたいな(笑)

<後編に続く>※後編の開は5時を予定!

プロフィール

東 東一郎 (第1話、第4話、第7話演出)

株式会社メディアプルポ所属。バラエティーの演出を経てドラマ監督に。「新・ミナミの帝王シリーズ(関西テレビ制作)、「オトナ高校」(2017年テレビ朝日系)、「たちがやりました」(2017年フジテレビ系)などを演出。最新作「探偵が早すぎる」(日本テレビ系)が放送中

山本 大輔 (第2話、第5話演出)

制作会社アズバーズ所属。1999年に入社し、「めちゃ×2イケてるッ!」(19962018年フジテレビ系)でADを務める。ドラマの演出となり「民王スピンオフする総裁選~」(2016年テレビ朝日系)、「オトナ高校」(2017年テレビ朝日系)、「ホリデイラブ」(2018年テレビ朝日系)などを担当

Yuki Saito(第3話、第6話演出)

株式会社SDP所属。高校卒業後に渡し、ハリウッドで8年間映画を学ぶ。演出した短編映画CM内外で高い評価を受ける。「古都」(2016年)で商業長編デビュー。「オトナ高校スピンオフエピソード0~」(2017年テレビ朝日系)など担当。演出作「グッド・バイ」(テレビ大阪)が放送中(ザテレビジョン・取材・文=小田慶子)

監督賞を受賞した(左から)山本大輔監督、瑠東東一郎監督、Yuki Saito監督