パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表MFユリアンドラクスラーシャルケ復帰の可性が高まっているようだ。イタリアメディア『calciomercato.com』が11日付で報じた。

 今回伝えられるところによると、シャルケは今の移籍市場ドラクスラーの連れ戻しを計画。すでに代理人にコンタクトをとったと見られている。

 またパリ・サンジェルマンは今シーズンからトーマス・トゥヘル監督が新指揮官として就任。同メディアによるとドラクスラーは同監督の構想外となっていると見られ、具体的なオファーが届けば放出の可性が十分にあるという。

 現在24歳のドラクスラーは、ドイツ代表として37試合出場6ゴールを記録。FIFAコンフェデレーションズカップ2017ではキャプテンを務め、同大会の優勝に貢献している。シャルケの下部組織出身の同選手は古巣復帰となるのか、去就に注が集まっている。

シャルケ復帰が噂されるドラクスラー [写真]= Getty Images