以前から噂されていたNikonフルサイズミラーレス一眼が、8月23日に発表される。それに向けて特設サイトIn pursuit of light」では、ティーザー動画が順次開されるなど、徐々にベールが剥がされていくようだ。

8月8日現在、「Travel of Light」「Mount」の2本のティーザー動画アップされており、ファン好奇心を掻き立てる狙いは見事成功している。

Nikon初のフルサイズミラーレス一眼はどのようなものになるのだろうか。

・NIKKORレンズ、レンズマウントを新たに開発

カメラ購入の際に、ポータビリティ画質かの選択を迫られていたのは過去の話。いまはコンパクトなミラーレス一眼でありながら、35mmフルサイズセンサーを搭載したSonyα7 IIIのようなモデル人気が高まっている。

Nikonは、これまで培ってきた画質技術を継承したミラーレス機を発表することで、この新しい流行に一石を投じる意向だ。

NIKKORレンズレンズマウントに関しても新規のもの開発し、学性を新しい次元に押し進めるとのこと。

・ボディはD7000より相当小型との予想も

カメラの形状に関しては、Twitter日本版公式アカウントによる投稿からシルエットが見て取れるほか、予想のもとにモックアップを製作した人もいる。これを見る限り、D7000やD5よりも相当小なのがわかる。

それ以上の情報は、今後のティーザー動画アップを待つしかなさそうだ。

従来のレンズもFマウントアダプターを介して利用可とはいえ、このフルサイズミラーレス一眼の本領を発揮できるレンズラインナップが発売当初少ないと予想され、これだけが不安要素といえる。

軽くて高画質撮影ができる一眼を探しめていた方ならNikonファンならずとも、今後の特設サイトでの発表やイベントなどからが離せないだろう。

参照元:Nikon’s teasing its full-frame mirrorless camera with a series of cool videos/The Verge
Nikon Announces Development of Next Generation Full-Frame Mirrorless Camera and NIKKOR Lenses?Featuring a New Mount?That Pursue a New Dimension in Optical Performance/Nikon

Nikonのフルサイズミラーレス一眼、8月23日の発表にむけて特設サイトで動画を続々公開!