北京五輪では2日で3試合に登板し、413球で優勝に牽引

 負ければ3位が決定するカナダ戦で、“世界エース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が進化する姿を見せた。第16回世界女子ソフトボール選手権は12日、ZOZOマリンスタジアムで3位決定戦が行われ、日本カナダを3-0で破った。敗者復活で進む決勝では、アメリカと再戦。原動は、やはり世界上野だった。

 上野は初回1死から連打でピンチを迎えるも、4番・スピアーズをライズボール空振三振。5番・サリングを投ゴロに打ち取るなど、付け入る隙を与えなかった。日本は今大会初めてのデーゲームで、体の消耗はしかったはずだが、36歳の上野は7回にMAX115キロを記録するなど、底知れない体を見せつけた。7回を4安打7奪三振完封し、今大会6勝防御率鉄壁の0.00を誇る。

「(昨の)アメリカ戦も勝ちたかったが、いい意味で収穫も反も沢山あって、それを生かしてに(アメリカ戦で)勝負したい。(日本選手は)海外での試合では精的に強くなるが、(プレッシャーのかかる地元)日本ではどうかと思っていたが、心配ないようです」と木麗監督ダブルヘッダーで行われるアメリカ戦で上野を連投起用する可性を聞かれると「今日上野で勝負したい」ときっぱり話した。

 2008年北京五輪上野アメリカとの準決勝、同日に行われたオーストラリアとの敗者復活戦、そして翌日のアメリカとの決勝を、1人で413球で投げ抜き、日本金メダルをもたらした。その再現で4年ぶりの世界一へつなげたい。(細野功 / Yoshinori Hosono

カナダ戦で完封勝利を挙げた上野由岐子【写真:荒川祐史】