ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・入居したてのマンションが蜘蛛だらけに
一面に蜘蛛がびっしり
・役所は対策をしてくれず

蜘蛛がびっしり

全羅南羅州(ラジュ)にあるマンションが蜘蛛の巣だらけになりとんでもないことになっている。

10日アパートの住人は、入居して1年も経っていないマンションの外蜘蛛の群れが出来ておりになっていると報告。
2月に入居したあとにクモがマンションの外に生息しはじめ、現在では遠くから見ても分かるくらい蜘蛛の群れや蜘蛛の巣で覆われているという。

もちろんベランダのなどにも生息しはじめ、随時除去しないといけない状態だという。

700世帯が住むことが出来るAマンションと今年2月835世帯が入居したBマンション全て同じ状況で、1階から最上階の27階まで外蜘蛛の群れや蜘蛛の巣、また排出物だらけだという。

もはやマンションというよりもクモの屋敷状態。

住民はすら開けることできず、洗濯物も外に干せないでいる。中には網戸の隙間から侵入してくるもあると一部住民を伝えた。

どの世帯も殺剤を購入し緊急事態に備えているが、その殺剤の効果も微妙だという。

蜘蛛の群れはどこから現れたのだろうか? マンションから2030メートル離れた場所にがあり、豊かな湿地が広がっている。
周辺に生息していた蜘蛛電気の明かりに釣られてマンションに移動してきたと推測される。

住民は沿いのヤブを燃やしたて環境善したほしいと羅州に要請したが、羅州側は「河川法に基づいてでの焼却はできない。刈りしなさい」と非協的だ。