aruki01

アニメーターという仕事は、人を描くときにどんな動きをするのか細かく観察する必要がある。

そんな人の動きを理解すべく、自分で研究し実演してみたというカナダアニメーターケヴィンパリ―さん。

彼が実演し撮影した動画100 Ways to Walk』という動画が今話題になっている。

タイトル通り、100通りの人の歩き方をやってみた、というもの。

速観てみよう!

見事100通り!

ルームランナーの上で繰り広げられる様々な歩行スタイル

バレリーナやペンギンムーンウォークはたまた歩きスマホまで、それぞれとてもユニークで精密に表現されているのがわかる。

アニメーション用の資料だけでなく、普通に観るだけでも十分楽しめてしまう動画だ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Kevin Parry)
(本記事は上記の報道情報を参考に執筆しています)

記事提供ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】もう日本だけではやっていけない。外需頼みの日本経済にいよいよ黄色信号=斎藤満

【関連】ウォール街に投資家はもういない。彼らの関心は「最強のAI」開発だけ

【関連】アップルが時価総額1兆ドル超え、最大の強み「iPhone」が今後は最大のリスクに=東条雅彦

MONEY VOICE