本田圭佑

(画像は本田圭佑公式ツイッタースクリーンショット

オーストラリアAリーグメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑が12日、カンボジアサッカー連盟の開いた記者会見に出席。サッカーカンボジア代表のコーチングスタッフに入閣すると発表した。

発表によると、本田の役職はゼネラルマネジャーGM)になるとのこと。事実上の代表監督に当たる権限を与えられると見られている。

■極めて異例の抜擢

現役選手が出身以外の代表チームを率いることは極めて異例だ。本田導者ライセンスを所持していないため、名上はあくまでGMだが、実質的には監督となる。登録上の監督にはアルゼンチン導者が就く。

会見では本田自身も「こういった形の契約世界のどこを見ても初めてのものだと思います」と明言。基本的にはメルボルンで選手としてプレーしながら、カンボジア代表が際試合を行う際に揮を執る形になるという。

また、日本人が他の代表監督を務めること自体も較的しいケースだ。三浦俊也氏が2014年から2年間ベトナム代表監督を務めているほか、現在ネパール代表を行徳浩二監督が率いているものの、一般的にはほとんど知られていない。

■カンボジアって強いの?

カンボジア代表はFIFAランキング166位(6月7日現在)。アジア圏内に限っても34位と、決して強豪国とは言えないが、1972年AFCアジアカップでは4位の成績を残している。

FIFAワールドカップには1998年から参加しており、通算5大会全てで予選敗退。その他の際試合でも立った結果を出せておらず、世界的にもあまり注度の高いとは言えない。

本田はそんなカンボジアクラブ経営への参画やサッカースクール運営など、これまでにもカンボジアでのサッカー文化の普及に貢献してきた。この縁もあって、今回の異例中の異例人事が実現した。

日本カンボジアの関係で言えば、マラソンカンボジア代表としてリオ五輪出場を果たした猫ひろしを連想する人も多いだろう。は自身のツイッターでこの件に反応している。

■本田らしい選択

7月には、日本代表の次期監督に就任する意思があるかのような思わせぶりな投稿をしていた本田

ファンからの反応としては、本気でこれを期待する層と「また本田バカ言ってる」というように冷ややかに見る層とに二分されていた。ビッグマウスで知られる本田だけに、ただの絵事として捉えていた人が大多数だったように思われる。

しかし今回、まさかの代表監督事実上就任したことになる。日本代表でこそないものの、破りで常識にとらわれない自由な選手生活を送ってきた本田らしいサプライズニュースだったと言えるだろう。

・合わせて読みたい→本田圭佑選手、日大アメフト問題に持論も「残念なコメント」の声が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

猫ひろしもびっくり! 本田圭佑がカンボジア代表の実質的な監督に就任&現役も続行