NPBの連続試合出場記録を持つ「鉄人衣笠祥雄

 龍谷大高校は、1927年に初めて出場してから90年以上も甲子園で活躍し続けてきた。この間には、球史に残る大選手、名選手を多数輩出している。プロ野球に入団した選手は、プロ野球1年1936年に入団した伊藤次郎、宇野錦次、日高得之から2017年ロッテに入団した居知史まで62人を数える。

龍谷大高校安中学、高校)出身選手、プロ通算安打数20
()プロ野球在籍期間。※は現役。

衣笠祥雄1965-1987)
2677試9404打2543安504本1448点266盗 打率.270

近藤(1958-1973)
1789試6081打1736安109483点159盗 打率.285

金田正泰(1942-1957)
1476試5354打1527安55本568187盗 打率.285

阪本敏三(1967-1981)1447試4796打1303安97449点243盗 打率.272

桧山進次郎(1992-2013)
1959試4863打1263安159707点41盗 打率.260

辻井(1946-1954)
909試3191837安29本321点79盗 打率.262

炭谷銀仁朗2006-2018)
1155試3052647安31本269点8盗 打率.212

原田清(1949-1956)
738試2028打497安36本265点15盗 打率.245

巧(1968-1983)
11872117打473安56本211点24盗 打率.223

岡村俊昭(1939-1949)
651試2043打467安3本18977盗 打率.229

赤松真人2005-2018)
867試1618打40321144136盗 打率.249

今浪隆博2007-2017)
405試752打196安3本69点4盗 打率.261

健造(1962-1973)
481試728打1522365点16盗 打率.209

宇野錦次(1936-1943
243793打150安1本7020盗 打率.189

富樫(1946-1950)
169試516打135安0本48点9盗 打率.262

皓雄(1952-1957)
298657打125安8本44点7盗 打率.190

渋谷通(1970-1980)
305試523122安14本49点6盗 打率.233

山越吉洋(1987-1994
471507打114安8本53点15盗 打率.225

大館勲(1949-1955)
264試38096安13本52点1盗 打率.253

保井浩一(1950-1951)
142342打93安10本43点2盗 打率.272

 安打数1位は今年4月23日に急逝した衣笠祥雄NPBの連続試合出場記録を持ち「鉄人」と呼ばれた。2位近藤明治大学を経て大洋へ。同学年の長嶋茂雄とはライバルで、打率2位を4回記録。盗塁王も獲得している。

 3位の金田正泰は、阪神ダイナマイト打線リードオフマンとして活躍。首位打者も獲得。のち阪神監督も務めた。4位の阪本は立命館大から阪急へ。盗塁王も獲得した俊足の内野手だった。5位は阪神で中軸打者、代打の切り札として活躍した桧山進次郎

 現役では西武の守備のかなめ炭谷銀仁朗、胃がんをして現役を続ける広島赤松真人、同じく広島高橋がいる。現巨人内海哲也の祖で、巨人一塁手だった内海五十雄も安出身。背番号「26」は孫の哲也に引き継がれている。名選手がそろう野手べると、投手はやや物足りない。

龍谷大高校安中学、高校)出身投手プロ通算勝利数10傑

小島務(1991-1999
167登19勝15敗8S、344.2回223三 防御率3.60

江坂政明(1992-1998
76登15勝14敗、275183三 防御率4.68

伊藤次郎(1936-1939)
60登10勝16敗、29568三 防御率3.94

清水員(1952-1957)
85登10勝7敗、25290三 防御率3.54

大崎雄(1961-1965)
100登8勝18敗、267.1回160三 防御率3.20

居知史(2017-2018)
30登7勝4敗1H、133.2回79三 防御率4.38※

岸本秀樹2005-2013)
181登6勝9敗27H、203.2回171三 防御率5.30

清剛治(1997-2002)
90登6勝17敗、207.1回119三 防御率4.95

三郎1939-1940)
28登3勝8敗、120.1回22三 防御率2.39

塩見栄一(1948-1952)
33登2勝10敗、115.1回38三 防御率5.46

 最多勝は中日中継ぎ投手として活躍した小島務の19勝。投手では現役の居知史の今後の活躍に期待したいところだ。現役の投手では他にヤクルト高橋奎二がいる。(広尾 / Koh Hiroo)

龍谷大平安OBの衣笠祥雄氏【写真:Getty Images】