芥川賞作家辻仁成が、自身の小説真夜中の子供」の映画化で監督を務めることが発表された。

 福岡県中洲が舞台の本作は、親にほったらかしにされてで生きる孤独な少年と、彼の将来を案じる警察官・の姿を通し、家族えたを描く希望と再生の物語日本社会が抱える闇の部分を交えつつ、明るく生きる人たちの姿から人間の可性、生きることの素らしさを見つめ直す感動作だ。

 小説家ミュージシャンとして活躍するは、これまで『冷静と情熱のあいだ』『サヨナライツカ』など数多くの著作が映画化されてきたほか、『千年旅人』『ACACIA-アカシア-』などでは監督も経験している。

 映像監督は、『山‐びざん‐』で第31日本アカデミー賞の最優秀撮影賞を受賞した井孝洋。脚本やスタッフキャストは今後発表される予定となっている。(編集部・吉田

映画真夜中の子供』は2020年開予定

原作書籍:『真夜中の子供』本体1,600円(税別)