SUPER☆GiRLSの初期メンバーとして8年間にわたってグループを支えてきた志村理佳が「SUPER☆GiRLS LIVE TOUR 2018」のツアーファイナルとなる、6月24日東京・ディファ有明演をもって卒業した。

【写真を見る】艶やか! 1期生のお姉さんたちの浴衣姿

卒業を記念し、CSテレ朝チャンネル1では8月18日(土)に「SUPER☆GiRLS 志村理佳卒業記念!みんなで思い出つくっちゃおうSP」がオンエアラストライブの模様と、卒業記念のロケが合わせて放送される。

ライブは、志村の宣誓で幕を開けると「!!ア~ンビシャス」からスタート。いきなり「プリプリ・SUMMER キッス」(・はハートマーク)、「1,000,000 スマイル」とスパガらしい王道ナンバーを連発した。

一気にオーディエンスのボルテージが上がり一つになっていく同ライブMC志村が「これからメンバーとは別のへ進みますが、これからもSUPER☆GiRLSの応援をよろしくお願いします! 私はSUPER☆GiRLS卒業したことを後悔しないように幸せになります」と笑顔でしっかりファンに告げる。

そして「トリビュート」「立ちのうた」「Dear未来地図~」といった楽曲と共に、志村の8年間の活動をまとめた映像が上映された。

ライブ終盤では、初期の楽曲「1,000,000スマイル」「夢の引」なども歌唱し、志村8年間のSUPER☆GiRLSとしての歩みが堪できるセットリストが組まれた。

そして卒業記念ロケの内容も紹介する。

まずメンバー全員集合したのは、「ラウンドワンスタジアム ダイバーティ東京 プラザ店」。2手に分かれ、バレーボールバトミントンなどで対決する。

負けた方の罰ゲームは物まね。本気の勝負の結果、物まねにも本気で挑む。

そんな中、負けチームの溝手るかのあの“キャラクター”の物まねに、メンバーは大爆笑

そしてさらなる思い出づくりにカラオケルームへ。ここでも、1期2期3期に分かれて点数を競い、カラオケ対決へ。結果、僅差で負けた1期生チームに課せられた罰ゲームのお題は“物ぼけ”。

今回さらに、番組より結成8年を迎えるSUPER☆GiRLSの1期生である渡邉ひかる宮崎理奈、溝手、志村に、屋形船での思い出づくりをプレゼント

浴衣姿で集合した4人は互いの第一印や8年の付き合いの中での思い出をる。最後は渡邉宮崎、溝手から志村手紙のサプライズが! 涙々の展開になる。(ザテレビジョン

SUPER☆GiRLSの志村理佳、卒業公演がオンエア