ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
世界モデルになっている女性
・収入は0円
・数年前に撮られた写真が勝手に使われていた

Shubnum Khan・33

南アフリカ作家芸術として活動している女性シューブノム・カーン(33)は先28日、自身のTwitterに数年前に撮影された写真世界広告として利用されていること投稿

2010年カーンさんが写真無料写真撮影してくれたのが始まり。当初大学生だったカーンさんは「プロ写真無料写真を撮ってくれる!」という言葉に釣られ、大学の友だちと一緒に写真に行った。

そのとき写真100人の人物の写真を撮影する「100 Faces Shoot」というプロジェクトを行っており、カーンさんはそれに協無料写真提供契約書にサインした。カーンさんは写真のポートフォリオ芸術プロジェクトに使用されるものだと思っていた。

しかし、2012年、友人がカナダの新聞に掲載された移民広告カーン写真を見てカーンさんに報告。

撮影された3種類の表情はストックイメージというサイトに掲載され、それが売れて広告として少なくとも50以上使われていたことを確認。自分がモデルとして活躍しているにも関わらず収入は0円なのだ。
使われているのは中国マクドナルド歯医者カーペット販売会社、移民推奨広報モデル、などなど。

カーンさんは写真に使用を中止するように抗議したが、既に販売されてしまった写真は使用の中止ができないという。また法律専門は、「カーンが自らサインしていたため残念ながら全て合法だ」と伝えた。

カーンさんはこれらを受けて多くの人々に「みなさんも気をつけて、無料写真撮影の際、契約に署名しないで。契約書に何が書かれているか良くよんで」と投稿

こうしてカーンさんが投稿しているあいだにも、新たにカーンさんの写真を使ったニキクリーム広告開されてしまった。