12日、「平成30年度全高等学校合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)」の準決勝2試合が行われた。

 東山(京都)と対戦した山梨学院(山梨)は、7分にオウンゴールで先制するも、28分に失点し試合は同点に。後半に入るとの影で試合は一時中断。再開後、互いにゴールは生まれず、勝負はPK戦に突入した。すると、山梨学院のGK市川が3本を止める大活躍で制し、決勝進出を決めた。

 一方、学園(神奈川)と埼玉)の一戦は40分、内田拓寿のゴール学園が先制。続く42分に2年生エース西川潤が追加点をマークする。さらに、45分には西川アシストから望月駿介にもゴールが生まれ、学園のリードは3点に広がった。

 しかし、試合はの影で後半途中に一時中断。約4時間半後に再開した。その後はが押し込む展開となる。すると、森田ゴールで試合は3-1に。直後には再び中断となるが、約20分後に再開されると、再びが攻勢に出る。アディショナルタイムに入ると須藤が押し込み、遂に試合は1点差に。しかし、ゴール直後にホイッスルがなり、3-2で試合終了。11時キックオフから6時間をえた熱戦を制し、学園が決勝戦へと駒を進めた。

 決勝戦は13日に開催。試合時間は70分(35ハーフ)とし、勝敗が決しない場合は10分ハーフの延長戦を行い、なお勝敗が決しない場合は、ペナルティーキック方式により優勝校を決定する。

インターハイ サッカー競技 準決勝結果]

三重交通G スポーツ 鈴鹿(メイン)

学園(神奈川) 3-2 (埼玉)
【得点者】
40分 1-0 内田拓寿(学園)
42分 2-0 西川潤(学園)
45分 3-0 望月駿介(学園)
55分 3-1 森田
70+1分 3-2 須藤

四日市市中央陸上競技

山梨学院(山梨) 1-1(PK 3-1) 東山(京都
【得点者】
7分 1-0 オウンゴール
28分 1-1 清原(東山)

[決勝戦]
学園(神奈川) - 山梨学院(山梨
※優勝すればともに初優勝