ある男性が悲惨なデートを経験した。よくある話かもしれないが、ユニークなのはその理由だ。彼自身が何か変なこと言ったり、反社会的なことをしたためではなく、レストランチップが足りないと怒ったウェイトレスにより、彼のデートはいろんな意味で終わったのだ。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。

【写真】ヤバい機内食がSNSで話題に…バラエティ豊かな謎のメニューの数々

 ソーシャルメディアImgurで、その匿名男性は「楽しくて上品なレストランデートをしようと思った」とる。相手の女性とは、まだ互いを知り合う段階で、デートそのものは順調だったという。「食事は素らしく、店員もほとんどの部分で良かった」のだが、幸せは長く続かないものだ。

 「いつもチップを計算に入れるのを忘れてしまう。だから、会計時にお金が少し足りないと気付くんだ」。デート相手は喜んで何ドルか出してくれ、15%チップを捻出できた。悪くない割合である。

 しかし「ウェイトレスが来て、笑顔会計を持って行ったが、すぐに帰ってきた。その時、笑顔は消えていた。そして何か悪いことがあったのか、もしくはサービス満足しなかったか聞いてきたんだ」。そこで終わはずだったのだが、そのウェイトレスは終わらせなかった。

 この男性を断罪するかのように、店内の全員に聞こえる大きさのをあげて「チップを払う余裕がないなら、今後はもっとあなたに合う施設を選ぶことをお勧めいたします」と言い放ったのだという。この発言を受けてすぐ、彼とデート相手はその場を後にした。

 彼は、ウェイトレスとして働き、ひどい客や上、低賃などの悪辣な労働環境への理解を示し、またウェイトレスが個人的に人生辛い時期にあるかもしれない、とした上で、「でも、チップが少ないからといって勤務中に騒ぎを起こし、客に恥をかかせるなんて…あの晩、客を二人失ったことは間違いない」と加えた。

ウェイトレスはストレスフル? ※イメージ画像(C)AFLO