Image: KICKSTARTER

見てこの薄さ!

一般的な乗用の5~7倍の小ささで、おひとり様で運転する極小電気自動車「iEV X」が、現在KICKSTARTERで資を募集しています。

ヘタするとピザ屋の配達スクーターより小さいんじゃないか?ってなサイズですが……コレがなかなかのハイテクっぷりなんです。

ゼロ・エミッションを目指して

まず太陽光発電システムケーブル接続による充電方法が併用できるだけでなく、サイドミラーを伸ばしてから充電も可。それに前半分が伸びて1~2人乗りにトランスフォーするんです。

公式サイトによりますと、「iEV X」は革命的な都市モビリティーを実現するべく、ゼロ・エミッション標に作ったそうです。なので極省エネスペースに貢献しつつも、可変ボディーで2人までの乗を可にしています。

またユニークなのはお手持ちのスマートフォンが電子キーとなり、ドアの解錠にモーター始動、ついでにトランスフォームもアプリから行なうのです。

最高速度は制限されており45km/h(上位種「iEVX+」だと60km/h)、航続距離50km(「iEVX+」だと120km)。全幅は78cmでひとり乗り時は全長160cmなのが、最大220cmまで伸縮してふたり乗りにトランスフォームします。希望小売価格は3,850ユーロ(約49万円)のところ、割りだとKICKSTARTER1850ユーロ(約24万円)と大変お得。

EVもここまでくると究極な感じがしますね。都市部での需要は高いんじゃないでしょうか?

Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計 ホワイト 約90cm

770円

Source: KICKSTARTER, YouTube via Fresh Gadgets, iEV X