映画『A GHOST STORY/ア・ゴーストストーリー日本開決定。不慮の事故で死んだ男が“シーツのおばけ”となり、自分のいなくなった世界で残された妻を見守り続ける、哀しくも美しい物語を描きます。

ストーリー
田舎町の小さな一軒に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。

Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いをめ、彷徨い始める――。

登場人物の名前がアルファベットなのがなんだか気になりますねえ。

シーツのおばけになった夫を演じるのは、『マンチスターバイ・ザ・シー』で辛い過去のために前に進めない不器用主人公を演じ、アカデミー賞男優賞を受賞したケイシー・アフレック。夫に先立たれた妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニーマーラです。監督は、『ピートと秘密の友達』『セインツ -約束の果て-』のデヴィッドロウリー

併せて解禁となった特報映像では、妻のそばにひっそりと佇むシーツのおばけの姿を見ることができます。映像で見るとかなり存在感を放っているシーツのおばけですが、も彼に気付くことはありません。……せ、切ない……。


しかしケイシー・アフレック、ほとんど顔が見えませんが本当にケイシー・アフレックなのでしょうか……。

今作を配給するのは、『ムーンライト』『レディバード』など話題作を続々世に送り出し、設立6年にしてアカデミー賞の常連となったA24。『ウィッチ』や『なる鹿殺し』、そして『イット・フォローズ』のデヴィッドロバート・ミッチェル監督最新作『アンダー・ザ・シルバーレイク』を配給している会社でもあります。ホラースリラーが好きな方もぜひこの名前は覚えておいてください。A24ですよ、A24

関連記事:彼らは何を隠している……? 『イット・フォローズ』監督が手掛ける極上サスペンス『アンダー・ザ・シルバーレイク』

作品概要

『A GHOST STORY/ア・ゴーストストーリー
11月17日(土)全ロードショー
監督デヴィッドロウリー/出演:ケイシー・アフレック、ルーニーマーラ
配給:パルコ
公式サイトwww.ags-movie.jp

(C)2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

ホラースリラーカルト映画ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』