7月はラベンダーめて多くの観光客が訪れる北海道の町・富良野。その地に近いながら、大合唱が鳴り田園地帯の中にたたずむペンションが「Elementエレメント)」。2017年7月オープンしたこの宿、そのきっかけはたまたま縁がありやってきた富良野土の虜になったことでした。

まるで美術館の絵画のような窓の風景。時を忘れ、ゆったり鑑賞したくなります

「土やや木。富良野では、その全てに自然界の要素=エレメントが感じられます」。名前の由来をそうる、ペンションを経営する植田夫妻。どのような想いでこのペンションを始めたのでしょうか?

が近くにありながら、素で長閑な風景が魅

二人は山形県で出会い、その後1年ほどオーストラリアで暮らしたのち、2009年日本に戻ってきました。当初ニセコ仕事を探していましたが、リーマンショックの影で難航。どうするかと思い悩んでいたところへ、富良野観光業に従事する話が舞い込んできたそうです。

これもきっと何かの縁と、富良野での暮らしが始まりました。数年かけて、人はガイド業やホテル業などを経てウィンタースポーツガイド会社を立ち上げ、夫人はホテルにて接客から清掃まで一通りのホテルワークを習得していきました。

富良野での生活に慣れてきたある時、知人が古民家リノベーションして居住するのを見て、数年間アパート暮らしだった夫妻も触発されました。探しを始め、出会ったのが富良野の隣、中富良野町にある離農者の。各所から材や断熱材をかき集め、約2年かけて自宅へと築。アパートから引っ越してきました。

が近くにありながら、素で長閑な風景が広がる環境。二人はここでの生活に魅せられたそうです。

「せっかく北海道へ来るなら、北海道らしい風景の中で過ごして富良野を満喫してほしい」。そんな想いから、自宅の隣に宿を作ることを決意した二人。納屋をイメージした建物は自分たちでデザイン。集めた古材を活用し、畳や木桶の浴槽など和を取り入れた新なペンションを作り、 2017年7月オープンしました。

■ 時を忘れて過ごしたくなる 田園風景に佇む大人の宿

田園風景に溶け込むこのペンション。夕食はで5~10 分の富良野で。朝食は自栽培の野菜で作ったスープや、卵料理などが用意されます。テレビがなく、時が止まったような静けさと落ち着きがある宿。ラベンダーが有名なファーム富田で約10分と、富良野観光の拠点にも便利です。

大地に吹く田んぼを潤す具に宿る古材。名前の通り、二人が魅せられ、この地に根を下ろした自然の要素(=エレメント)を感じられるこのペンションでひと晩、身を委ねてみませんか?

Element ■住所:中富良野町字中富良野鹿討農場 ■電話:0167443051 ■時間:チェックイン16:00チェックアウト10:00 ■料:1泊朝食1部屋2名19000円~38000円(北海道ウォーカー川島信広)

建物裏手に畑が広がり、遠くの丘にはブドウ畑もちらりと