ステップで幻惑してPK成功 クラブ公式ツイッターは「シャレてる」と称賛も…

 マウリツィオ・サッリ新監督を迎え、2年ぶりのリーグタイトルチェルシーは、現地時間11日の開幕戦でハダースフィールドタウンと対戦。フランス代表MFエンゴロ・カンテらのゴールで3点を奪い、敵地でスタートを飾った。なかでもチーム2点となったイタリア代表MFジョルジーニョの幻惑PKが注を集め、指揮官も「理由は知らない」とを見せて教え子の活躍を喜んだが、思わぬ形で賛否両論となっている。

 チェルシーは前半34分にカンテが先制点を挙げると、前半45分にジョルジーニョ、後半35分にはスペイン代表MFペドロ・ロドリゲスゴールを決め、3-0で快勝を飾った。敵地での一戦で話題となったのは、サッリ新監督を追うようにナポリから移籍してきたジョルジーニョの得点シーンだ。

 スペイン代表DFマルコス・アロンソがペナルティエリア内で倒されて獲得したPKを任されたジョルジーニョ。大きく助走を取り、小刻みなステップでペナルティースポットに近づくと、キック直前にジャンプするかのようなフェイントタイミングずらしながら右足インサイドで冷静にミートし、ゴール右にグラウンダーのシュートを決めた。相手GKバランスを崩して右手を地面についてしまい、反応することができなかった。

 サッリ監督は試合後の記者会見で、「ジョルジーニョは今日のようなPKを常に蹴るんだ。理由は知らないけどね(笑)」とを見せながらナポリ時代の教え子についてった。

 チェルシー公式ツイッターは「シャレてるじゃないか! ジョルジーニョのなんてPKだ! ホップ、スキップして決めた」と投稿ファンからは「マエストロ」「ブラジル」「冷静すぎる」「ナイストリック」とコメントが寄せられた一方、英「ザ・サン」は「ジョルジーニョの不敵なPKにチェルシーファンは怒っている」と、「汚い」「不正モード」など厳しいもあって賛否両論になっていることを伝えている。

 “普段通りのプレー”が思わぬ波紋を呼んでしまったようだ。


Football ZONE web編集部)

チーム2点目となったMFジョルジーニョの幻惑PKが注目を集めている【写真:Getty Images】