大分FW後藤岡山戦で圧巻のボレー弾、ブラジルメディアが注ゴトウがいた」

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが11日のJ121ジュビロ磐田戦(2-1)で来日初ゴールマークし、世界中のメディアから脚を浴びた。そんななか、J2大分トリニータ日本人FWが決めた鮮な一撃をブラジルメディアUOLエスポルチ」が取り上げ、「日本イニエスタ以上のスーパーゴール」と報じている。

「もちろん、アンドレス・イニエスタ日本ゴール世界から脚を浴びたが、素晴らしいゴールはそれだけではなかった。大分トリニータファジアーノ岡山戦で圧巻のゴールを決めた」

 ブラジルメディアUOLエスポルチ」が注したのは、J2大分岡山(4-1)の試合だ。1-1と拮抗した状況で迎えた後半40分、大分スーパーゴールが生まれた。右サイドからMF馬場賢治がふわりとしたクロスボールを相手ゴール前に供給。中央で反応したのは、9番を背負う後藤優介だった。浮き球に反応した後藤ジャンプすると、体全体を上手く横に傾けてボレーシュートを放ち、勝ち越しに成功した。チームもそのまま4-2と勝利を手にしている。

大分ストライカー、ユースケ・ゴトウがいたのはその時だ。エリア内にクロスが送られ、彼はボレーを放ち、ネットを揺らした」

 チームに勝利をもたらす決定的な一撃だったと伝え、後藤ジャンピングボレー弾を称賛した。イニエスタ麗なゴールも観る者を驚かせたが、ブラジルメディア日本人FWのゴールイニエスタ以上のきを見たようだ。


Football ZONE web編集部)

大分トリニータFW後藤優介【写真:Getty Images】