混雑した電車内で、乗客が連れていた飼い犬が粗相をしたとなればとんだ大迷惑である。このほど英デヴォン州からロンドンへ向かう電車車両通路で、が排してしまうアクシデントが起こった。これに乗客の一人が、鉄道職員らは適切な対応を見せなかったとしてメディアに怒りを露わにした。『Metro』『Mirror』などが伝えている。

8月5日、デヴォン州からロンドンへ向かっていたグレート・ウェスタン鉄道GWR)の内で、とんでもないアクシデントが起こった。ある乗客の飼い犬が通路のん中にをしたのだが、最悪なことに下痢だった。

内は満員で、近くに座っていた乗客らはその悪臭に吐き気を催した。飼い謝りをしていたが、肝心のは自覚しているのか、少し離れた場所に隠れてそっと様子を見ていたという。同じ車両に座っていた子連れの男性が、粗相の場所にティッシュを置いたが状況は善せず、飼い男性は乗客らに「踏まないで」と注意をし続けていたようだ。現場を撃した乗客のフローレンス・ビースリーさん(23歳)はこの日、デヴォンのニュートン・アボットからロンドンへ戻る途中だった。36.15ポンド(約5,100円)の運賃を払ったにもかかわらず、このような状況でGWR職員らがなんの対応もしなかったことに対してGWRに苦情を伝え、撮影した現場写真Facebook投稿し、更にはメディアでも不満を口にした。

「出発して20分もしないうちにが粗相をしてしまったんです。電車は満員で、周りに職員も見当たりませんでした。75分後にブリストルに着いたんですが、掃除するスタッフがいないとかではそのままになっていたんです。家族連れの父親が置いたティッシュの上に、職員から手渡された数枚のを置いてカバーするしかなかったのですが臭いが強で、を開けると下痢の付いたで飛んでしまうんです。だからその上に雑誌を重ねて飛ばないようにして。こんな状況で4時間ほどのを強いた鉄道職員に怒りを感じます。」

「私自身は農場で育ったので、に囲まれていたし慣れています。ですがこんな限られたスペースで同じ場所にいなければならないのは、さすがに理があります。満員だったのでどの席もいていなかったんです。飼い男性気の毒に思いました。もし鉄道職員が彼に掃除用品などを渡していれば、彼は清掃したはずです。でも助ける気が一切ないように見られました。飼い男性は本当に申し訳なく思っていたようで、私は『そんなに気にしないで』とをかけました。この粗相が人間のものだったらきっと鉄道職員も対応したことでしょう。だって赤ちゃんだって同じなのに。」

なお、GWRのスポークスマンは「この件について、迷惑をかけた乗客には既に謝罪済みだ。事態に気付いて、内にいた職員はすぐに乗客を離れた席に案内したようだ。掃除がなされるまで可な限りの努をした」と述べている。

このニュースを知った人からは「やっぱり内へは、きちんと訓練された盲導のような以外は連れ込むべきではないと思う」「でも、下痢だからきっとも『ここでしよう』と思ったんじゃなくて、仕方がなかったんだろうね。かわいそうに」「鉄道職員の対応がなってないように思える。もっと速に対処すべき」「ただ鉄道職員が片付けるのを待っているだけじゃなくて、乗客同士で片付けられる方法はなかったのかな」「隠れてそっと見ているも、きっと悪いことしたと思っているんだろうね」「飼いもこれは気の毒だ」といったがあがっている。

画像は『Metro 2018年8月9日付「Dog does massive poo in middle of train leaving passengers gagging for four hours」(Picture: Deadline News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト