イニエスタ神戸移籍後初ゴールポーランドメディア「止める術がなかった」

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタジュビロ磐田戦で移籍後初ゴールを記録したなか、圧巻のターンからゴールを許した磐田のポーランドGKクシシュトフ・カミンスキーメディア「PRZEGLAD SPORTOWY」がスポットライトを当てている。

 磐田は11日、J121節で神戸と対戦し、1-2で敗戦。先制点を奪われた相手は、今Jリーグに参戦した世界最高峰の名手イニエスタだった。

 前半15分、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが右サイドから中央に切り込み鋭いスルーパスを供給すると、裏に抜け出したイニエスタが巧みな反転トラップを見せ、相手DFを置き去りに。最後の砦として立ちはだかったカミンスキーだが、発的なステップであっという間にかわされ、ネットに流し込まれた。

 記事では「イニエスタはすでに日本で旋を巻き起こしている。バルセロナスターによるワンダフルな一撃に沈んだポーランドGK」と見出しを打って特集。さらにカミンスキーが卓越したスキルに敗れたと続けている。

イニエスタはポドルスキというアプリケーションを有効活用し、カミンスキーは打ち砕かれた。スペイン人の壮観なボールスキルにカミンスキーは止める術がなかった」

 カミンスキー2015年に磐田に加入。以降、安定したパフォーマンスを維持し、絶対的な守護として君臨し、昨季にはJリーグ優秀選手賞も受賞していた。そんなポーランドGKでもイニエスタを前に為す術はなかったようだ。


Football ZONE web編集部)

ジュビロ磐田GKカミンスキー【写真:Getty Images】