上野は午前中のカナダ戦を終え中3時間半で決勝戦に登板

 第16回世界女子ソフトボール選手権は12日、ZOZOマリンスタジアムで決勝戦が行われ日本は延長10回を6-7で米国サヨナラ負けを喫し2大会ぶり4度の優勝を逃した。

 決勝に先立って行われた、カナダとの3位決定戦で日本上野由岐子(ビックカメラ高崎)の4安打完封で勝利し、前に敗れたアメリカとの再戦を果たした。

 決勝でも上野が中3時間半で再び先発。2回に女房役の我妻香(ビックカメラ高崎)が左前に先制タイムリー。3回は2死から山崎紀(トヨタ自動車)が左前打、4番・山本優(ビックカメラ高崎)の適時三塁打リードを広げた。

 だが、3回。2死一、二塁から5番スポルディングにフルカウントから115キロの速球を右翼席に運ばれる逆転3ランを浴び追いかける展開に。日本は6回に先頭の藤田倭(太陽誘電)が初球を叩き左中間へ同点アーチを放ち前に続き、タイブレークへ突入。8回に1点ずつを奪うと日本は延長10回に藤田倭の2ランで勝ち越しに成功したがその裏、上野が連打を浴び3点を奪われ、尽きた。

 上野カナダ戦を含めて計249球を投げ、歴史の残る死闘を演じた。アメリカは2大会連続の優勝で、2020年東京五輪の出場を決めた。(細野功 / Yoshinori Hosono

米国戦に登板した上野由岐子【写真:荒川祐史】