劇場アニメ「若おかみは小学生!」の完成記念ファミリー試写会が、8月12日東京スペースFS留で開催され、主人公“おっこ”の父親である関正次を演じる薬丸裕英母親の関咲子役を担当する鈴木高坂太郎監督が舞台挨拶を行った。

同作は、交通事故で両親を亡くした小学6年生の少女・おっこ(関織子)が、祖が営む温泉館・の屋の若おかみとして奮闘する姿を描く。劇場アニメ版では、放送中のテレビアニメ版では描かれていない、おっこと両親のエピソードも明かされる。

丸の声優としての出演は、じつに18年ぶり。「“スーパー小学生”のおっこちゃんがかわいらしく、(おっこ役の)小林星蘭ちゃんも本当に上手で、引っられながら演技できたので、やりやすかった」と、小林の芝居に助けられた収録を振り返る。長編アニメでは声優初挑戦となる鈴木は、「私の収録時には、すでにちゃんのが入っていたので、そのを頼りにお芝居できました。絵があったりなかったりと、とても難しかったですが、声優業は深く魅的で楽しかったです」とった。

高坂監督も2人の熱演に「温厚なおっこから想像できるような両親像を描けた」と満足げ。「鈴木さんから、両親のキャラクター描写について摘を受けて、その後のお父さんセリフを修正したりしました」と収録の舞台裏も明かされた。

作品を通して伝えたいことを聞かれた丸は「客観的に見ても、おっこちゃんはすばらしい女の子。彼女みたいに辛いことがあっても、こうすればみんなも笑顔になれるんだ! という部分をぜひ見ていただきたい」とアピール鈴木は「私自身、小学生時代につらくて悲しい思いをすることがありました。親兄弟がいても孤独だと感じることもあると思います。だけど、どこかで両親なり、必ずかが見守ってくれているので、おっこちゃんみたいに前向きに頑って毎日を生きてほしい」と会場にいた子どもたちへ呼びかけた。

最後は、体調不良で参加できなかった小林から、「劇場版では、おっこの若おかみとしての思いと自分自身への思い、ユーレイたちのおっこへの気持ちがたくさんつまっています。おっこたちから溢れてくる思いに共感したり、感動したり、つい笑ったり、最後まで楽しめる作品です。おっこの気持ちに負けないくらい全で演じたので、全で楽しんでください!」とのメッセージ開された。

劇場アニメ「若おかみは小学生!」は、9月21日から東京TOHOシネマズほか全ロードショー

鈴木杏樹は長編アニメの声優初挑戦 (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会