シャルケは12日、ドメニコ・テデス監督(32)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年更新した格好だ。

イタリア出身のドイツ人であるテデス監督は、最下位に沈んでいたブンデス2部のアウエを残留に導いた実績を買われ、昨年シャルケ指揮官に抜された。元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスや元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールといったベテランを一掃した中、昨季はシャルケブンデスリーガ2位に導き、4季ぶりのチャンピオンズリーグ出場権をクラブにもたらしていた。

サムネイル画像