レンジャーズは12日、スコティッシュ・プレミアシップ第2節でセント・ミレンと対戦し、2-0で勝利した。

5日に行われたリーグ開幕戦のアバディーン戦を1-1の引き分けに終わったレンジャーズが、昇格組のセント・ミレンを本拠地アイブロックス・スタジアムに迎えた一戦。10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグマリボル戦を3-1で勝したレンジャーズは、その試合からスタメンを3人変更して試合に臨んだ。

試合が動いたのは14分、レンジャーズは敵でのボール奪取からロストボールマーフィーワンタッチでボックス内に送ると、これに反応したモレロスがボックス右からシュートを流し込んだ。

先制点で勢いづくレンジャーズは、24分にもバリシッチのFKをゴール前のゴールドソンがヘディングで叩き込み、追加点。その後、34分にレッドカードを受けたモレロスが一発退場となり、数的不利となったレンジャーズだが、試合の導権は譲らず。

後半に入っても安定したゲーム運びを披露するレンジャーズは、追加点こそ奪えなかったがセント・ミレンシュートを1本に抑え、リーグ戦のホームで今季リーグ初勝利を飾った。

サムネイル画像