中国メディア東方網は10日、「日本自動車業界、規則違反行為が絶えず発生、問題がないのは3社だけ」とする記事を掲載した。

 記事は、9日にマツダスズキヤマハ発動機の3社が、「新出荷前の品質管理検において規則違反が存在した」ことを発表したと紹介。「2016年三菱自動車などが燃費データざんを行った問題が発覚した後、日本の大手乗用企業中5社でルール違反が発覚した。製造の第一線で違反をする土壌が善されなければ、日本の製造業の信用はダメージを受けかねない」と伝えた。

 そして、現在のところ違反行為が見つかっていないのはトヨタホンダダイハツの3社のみであると摘。厳しい品質管理で広く知られる日本自動車業界で不正がすぐに見つからない理由について、本来が検すべきところを、各メーカーの自に任せている部分があるからだとしている。

 記事は「自動車は本来、が安全性を保しなければならないのだが、自動車を検工場まで運ぶ時間を節約し、大量生産を可にするために、各企業資格を持った検員が出庫検を代行している。今回の違反行為も企業が検を代行していたことで起きた問題だ。また、昨年日産スバル資格のない検員が検を実施していた問題が発覚し、その延長線上で今年以降に両社の燃費・排ガスデータざんが発覚した。の安全基準より厳しい内部基準を満たせないことから、データざんがほぼ常態化しているのだ」と説明した。

 日本の各企業による不正や不祥事の発覚は、日本国内における当該企業の信用度や評判が下がるだけではなく、外国人日本日本の製造業、日本企業全体に対するイメージも低下させることになる。外国人が抱いてきた「日本神話」は、ますます現実離れした本当の「神話」になりつつあるのかもしれない。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

不祥事頻発の日本自動車企業、「無傷」なのはあと・・・=中国メディア