右腕ケーヒルチェンジアップ空振

 エンゼルス大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で2戦連続スタメン出場し、第1打席は空振三振だった。

 アスレチックス先発は右腕ケーヒル大谷は0-3で迎えた1回1死二塁で打席に立つと、1ストライクからの2球ボールで二塁走者だったカルフーンが三盗。1死三塁の絶好機を迎えたが、カウント1-2から4球83.6マイル(約135キロ)内低めチェンジアップを振らされ、空振三振に倒れた。(Full-Count編集部)

「3番・DH」でスタメン出場のエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】