先頭にヒットを許すも併殺に仕留めて打者3人で終了

 ダイヤモンドバックス平野佳寿投手が12日(日本時間13日)、本拠地レッズ戦で今季26ホールを挙げた。3点リードの8回に登板し、1回を1安打失点で防御率は2.12。チームは9回に4点を追加し、9-2で勝利した。

 5-2と3点リードで迎えた8回に3番手として登板。先頭のペラザにはライト安打を運ばれたが、続くボットを遊直に打ち取ると、最後はジェネットを二ゴロ併殺に仕留めた。平野はこれで4試合連続失点とした。

 チームは連敗を2で止め、ドジャースとの熾な地区首位争いで一歩も引かなかった。(Full-Count編集部)

1回無失点の好投で今季26ホールド目をマークしたDバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】