パスに抜け出してゴールロナウド、背後をちらりと確認する余裕ぶり

 今スペイン1部レアル・マドリーからイタリア1部ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、12日に行われたユースチームとの練習試合に先発出場し、実戦デビュー戦で1ゴールマークした。

 移籍1億1200万ユーロ(約140億円)でユベントスに加入したスターは千両役者ぶりをすぐさま発揮した。ワントップ先発したロナウドは前半8分、イタリア代表MFフェデリコ・ベルナデスキのパスから最終ラインの裏に抜け出すと、背後をちらりと確認する余裕を見せつつ右足を一。冷静にシュート叩き込んでネットを揺らし、移籍後初ゴールマークした。

 オウンゴールで加点後、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが2ゴールを続けざまに奪い、後半にはイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオがダメ押し点を決めて5-0とユースチームを圧倒。昨季から10番を背負うディバラとも好連係を披露したロナウドは、3ゴールに関与するなど強存在感を示し、ファンを熱狂させた。

 ロナウドの働きぶりは各メディアを集め、スペインマルカ」が「インパクトを与えるのに時間はかからなかった」と報じれば、衛星放送「ユーロスポーツ」は「怪物がビアンコネリ(の意味でユベントス称)のユニフォームを着て最初のゴールを決めるのに、たった8分で十分だった。がこんな好スタートを切れるのか…」と驚きを持って伝えている。

 さらに英ラジオ局「トークスポーツ」も「待望の実戦デビュー素晴らしいスタート」と記し、英誌「フォーフォー・トゥー」のアラビア版は「ロナウドは見事期待に応えた」と称賛した。

 すぐさま実戦で結果を残したロナウドの衝撃度は特大だったようだ。(Football ZONE web編集部)

今季からユベントスでプレーするC・ロナウド【写真:Getty Images】