第2打席は一二塁間に転がる“遊撃ゴロ”

 エンゼルス大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で2戦連続スタメン出場し、第3打席は空振三振だった。

 3-8で迎えた5回死一塁の第3打席。右腕ケーヒルと3度の対戦となった打席では、2ストライクからのボールで一塁走者だったアップトンが二盗。得点圏に走者を置いた大谷は、フルカウントから7球85.4マイル(約137キロ)内チェンジアップを振らされ、この日2つ空振三振を喫した。

 第1打席も同じくチェンジアップ空振三振、第2打席はカットボールを振ったが、守備シフトに阻まれる遊撃ゴロだった。(Full-Count編集部)

「3番・DH」でスタメン出場のエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】