昨ヒットを記録した映画銀魂』続編として、8月17日開される『銀魂2 掟は破るためにこそある』。演の小栗旬を中心にな顔ぶれが前作から続投するなか、新キャストとして加わった三浦。本作では警察組織・真選組で起こる熾な内部抗争が描かれるが、三浦はそのキーパーソンとなる伊東鴨太郎を演じている。三浦伊東をどう理解し、演じたのだろうか。

 「伊東の第一印は、クールでクレバーな“ザ・ヒール”。日本コミック界においても、ヒールを代表するような、そんな役どころと思いました」

伊東にふんした三浦の姿 - (C) 空知英秋集英社 (C) 2018映画銀魂2』製作委員会

 原作漫画アニメ版を通じ、伊東を知ったときのことを振り返る三浦伊東江戸治安を守る真選組の新顔でありながら、参謀の役割で台頭。古参局長近藤勲中村勘九郎)、副長の土方十四郎柳楽優弥)らと肩を並べるまでの存在となっている。近藤からは真選組の頭として信頼を寄せられる一方、土方からは真選組へ変革をもたらそうとする新参者として危険視されている。

 政治面で活躍する伊東は理知的なタイプ。「はどちらかというと感覚人間なので、徐々に年を重ねてきたことで少しずつ考えるようになってきたって感じです」と話す通り、三浦自身とは対照的。そのイメージに反するようなヒールを演じることへのモチベーションは高かったという。

 「ただ、物語の終盤では彼がなぜこういうキャラクターになってしまったのかが明らかになる。そこには共感も生まれるだろうし、すごく切ない過去の持ちだから、そのエピソードも純に楽しめる。温かいものが感じられたり、少し考えていただけるような……そういう部分も自分が担っているので、とてもやりがいがありました」

柳楽優弥演じる土方十四郎とのバトルシーン - (C) 空知英秋集英社 (C) 2018映画銀魂2』製作委員会

 原作は、週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋による大ヒット漫画。「この笑いの裏にはきっと緻密な計算があるんだろうと思うくらい、絶妙なおもしろの温度がそこに広がっているので、純に尊敬します」と三浦。その実写版に出演するにあたり、役を原作キャラに近づけていく作業はもちろん大切にしていたが、「実写として生身の人間が演じるからこその“人間臭さ”みたいなものを随所で感じさせたい」と思っていたという。

 さらに福田雄一監督とのやり取りの中で、当初よりこだわった一つのことは「物語の前半では、観客に伊東背景を一切見せたくないというのを共通認識としておくこと」。その上で、伊東の内面をどう表現していくか、そして原作には登場しないアイテム原作では確認できない細部の動きについて徹底的にこだわり、福田監督とはい段階から意見を交わしてきたのだとか。

素顔とは逆?

 伊東を演じるにあたっては、見たガラリとチェンジした三浦伊東は、色の短メガネが特徴。「久々髪の色を抜きましたし、メガネも相当こだわっているんです。衣装合わせのときに、プラスチックにするのか木にするのか、それともにするのか。その中でテクスチャをどうするのかまで話し合ったのですが、そこまでしてよかったと思います」と満足そうな笑みを浮かべていた。

 三浦にとって、伊東以外の登場キャラクターで一番魅的な人物を聞くと、真選組局長である「近藤」との答え。「究極の人たらしでありながらも、筋が通っている。だけど隊内でバカにされていたりする、とてもされるキャラクターで、は大好きです」。『銀魂』のなかで一番好きかもしれないと言うほどだが、「演じたいとは思わない」のだとか。「近藤を演じる器ではないなと思います。勘九郎さんのような“生ける伝説”が演じないと、ギャグシーンとのギャップが成り立たないんですよ」と敬意を表した。(編集部・小山美咲

伊東鴨太郎役の三浦春馬